Internet Explorer 8~10がサポート終了へ

Internet ExplorerマイクロソフトのInternet Explorerは多くの人が利用する基本ブラウザ。WindowsPCに標準でインストールされているため、そのまま使っている人も多いと思います。そんなInternet Explorerについて、マイクロソフトが2016年1月12日をもって「Internet Explorer 8」「Internet Explorer 9」「Internet Explorer 10」のサポートを終了すると発表しました。

photo by C_osett

スポンサードリンク

Internet Explorer 8~10がサポート終了

Edgeへの移行の動き

「Internet Explorer 8」「Internet Explorer 9」「Internet Explorer 10」が終了となるということで、「Internet Explorer 11」のみがIEとしてはサポートされる形になりますが、この動きはやはりEdgeへの移行を促しているのでしょう。実際Edgeの出来はユーザー目線で良いように感じますし、そうなるのが理想だと思います。

まだ「Internet Explorer 8」「Internet Explorer 9」「Internet Explorer 10」を利用している方は、「Internet Explorer 11」もしくは「Edge」に乗り換えていきましょう。

ウェブ系の方々はもうしばらくの辛抱

「Internet Explorer 8」「Internet Explorer 9」「Internet Explorer 10」のサポートが終了したからと言って、ウェブマスター、ウェブエンジニアがこれらのブラウザを考慮しなくていいというわけではありません。実際にご自身のサービスサイトに訪問しているユーザーの利用ブラウザを見ながら、例えば「構成比2%を切ったら考慮しない」などといったルールを設けて、ウェブサイトのサービスレベルを下げないように運営しなければならないと思います。

一方で今回のアナウンスにより「Internet Explorer 11」もしくは「Edge」に移行する方が増えるのは確か。変なJSエラーやCSSが適用されない、なんてことが起こらなくなりそうで、その点は嬉しいことですね。

スポンサードリンク