Windows10でロック画面の画像を変更する方法

2015年7月29日にリリースされ既に多くの人に利用されているマイクロソフトのWindows10。仕事だけでなく、個人のプライベート用にも使えるユーザーインターフェースは使い心地良好。WindowsとMacを両方使う私ですが、Windows8/8.1では圧倒的にMac派でした。しかし、Windows10になってからはWindowsの使用頻度がだいぶ上がってきています。そんなWindows10では起動や再起動、スリープモードから再開するとロック画面が表示されます。ロック画面に用いる画像は変更でき好きなものを利用できます。この画像は好みのものにした方がテンションが上がります。ここでは、Windows10でロック画面の画像を変更する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でロック画面の画像を変更する方法

Windows10でロック画面の画像を変更する方法はかんたんです。以下の手順を踏んで、かんたんに実現できます。手順が簡単なので季節に合わせて変更。少しの変化でも気分がリフレッシュしてPCへ向かうモチベーションが上がります。

個人設定を開く

まずはじめに、デスクトップの何もない場所で右クリックします。右クリックをすると、以下の選択肢が表示されますので「個人設定」を選択します。

個人設定を選択

ロック画面設定画面に移動する

個人設定を選ぶと以下の画面が表示されています。ここでは以下赤枠の「ロック画面」をクリックし、ロック画面設定に移動します。

ロック画面に移動

ロック画面の画像を変更する

もともとWindows10のプリセットに入っている画像を利用する場合は、以下の赤枠の画像をクリックすると変更できます。

ロック画面の画像を選択

プリセット以外の画像をロック画面に利用する場合

プリセット以外の画像をロック画面の画像として利用する場合は「参照」をクリックします。

参照をクリック

その後は設定したいファイルを指定します。

ロック画面の画像を選択する

以上でロック画面の画像を変更するのは完了です。一回はこちらの記事を読みながら実践されると思いますが、それ以降は直感的にたどり着けると思いますし、設定自体は数分で完了できると思います。季節やイベントに合わせて変えても良いと思いますし、ご自身のお好みで変えていってください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク