Windows10で郵便番号から住所を入力する方法

郵便番号から入力私たちのPC利用シーンにおいて、意外と多いのが住所の入力。インターネットでショッピングしたり、諸々の手続きをすることも増えたこともあり、その頻度は日に日に増加しています。

そんな住所の入力ですが、実は効率化できたりします。郵便番号さえわかっていれば、郵便番号でわかる範囲、例えば町名までは瞬時に入力することができます。

今回は、Windows10で郵便番号から住所を入力する方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

Windows10で郵便番号から住所を入力する方法

Windows10で郵便番号から住所を入力する方法は簡単です。WindowsIMEの仕様で、郵便番号を入力して変換するだけで住所を入力することができます。ここから画面キャプチャを用いて手順を説明していきます。

郵便番号を入れる

まずはじめに、郵便番号を入れていきます。以下では、例として「品川区北品川の141-0001」を入れてみます。

郵便番号を入力

変換する

郵便番号を入れ終え、スペースを押して変換すると、当該郵便番号の住所が変換候補として表示されます。これを選べば、入力が確定します。

郵便番号から入力

以上になります。とてもシンプルですが、とても便利な機能ですので、ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク