Windows10が重いときの対処法 パフォーマンス優先にする

Windows10はマイクロソフトが提供する基本OS。システムデザインのコンセプトはそのままにインターフェースを大胆に変更。美しく洗練されたデザインは多くのユーザーを魅了しています。

そんなWindows10を利用していて「重いな・・・」「もっと軽くしたいな・・・」と思われたときはまずはじめに設定の変更をお勧めします。Windows10にはシステムを「パフォーマンス優先」にする設定が存在します。

スポンサードリンク

Windows10でパフォーマンス優先にする方法

Windows10でパフォーマンス優先に設定を変更するのはかんたんです。以下のステップで設定を完了することができます。ぜひ一度お試しください。

設定を開く

まずはじめにスタートメニューから「設定」を開きます。デスクトップ左下のWindowsマークをクリックしたのち「設定」を押して進んでください。

スタートメニューで設定を開く

システムに進む

設定画面では、左上の「システム」に進みます。

設定画面でシステムを開く

バージョン情報へ進む

システム画面では、左側の「バージョン情報」をクリックします。

バージョン情報をクリック

システム情報を開く

バージョン情報画面の一番下「システム情報」をクリックします。

システム情報を開く

システム詳細設定に進む

システム情報画面では、以下赤枠の「システム詳細設定」をクリックします。

システム情報画面で詳細設定をクリック

パフォーマンスの設定に進む

システム詳細設定画面では、パフォーマンス部の「設定」をクリックします。

パフォーマンスの詳細設定をクリック

パフォーマンス優先に設定

赤枠のパフォーマンスを優先するにラジオボタンを入れて、「適用」をクリック後「OK」を押下します。

パフォーマンス優先に変更

この設定の際、好みがあれば以下の項目を個別に設定できます。設定はパフォーマンスオプション(上記の画面)で可能です。

  • Windows内のアニメーションコントロールと要素
  • アイコンの代わりに縮小版を表示する
  • ウィンドウの下に影を表示する
  • ウィンドウを最大化や最小化するときにアニメーションで表示する
  • コンボボックスをスライドして開く
  • スクリーンフォントの縁を滑らかにする
  • タスクバーでアニメーションを表示する
  • タスクバーの縮小版のプレビューを保存する
  • デスクトップのアイコン名に影を付ける
  • ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する
  • ヒントをフェードまたはスライドで表示する
  • プレビューを有効にする
  • マウスポインターの下に影を表示する
  • メニューをフェードまたはスライドして表示する
  • メニュー項目をクリック後にフェードアウトする
  • リストボックスを滑らかにスクロールする
  • 半透明の[選択]ツールを表示する
  • 以上です。Windows10の動作の速さを上げたい時は、こちらをお試しください。

    Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

    2015.08.04
    スポンサードリンク