Microsoft Edgeで履歴を残さずウェブサイトを見る方法

Microsoft Edgeを利用している人
マイクロソフトが提供するWindows10は使うひとの目線に立って開発された基本OS。細かい部分まで改良が加えられ、使っていてそのこだわりをひしひしと感じられます。そんなWindows10には新しい「Microsoft Edge」と呼ばれるブラウザが搭載されています。いままでのInternet Explorerとおなじ立ち位置のブラウザで多くの方がこれを利用してインターネットを楽しまれると思います。今回はそんなMicrosoft Edgeについて。Microsoft Edgeには履歴が残らないプライベートモードが存在ます。履歴が残っているとあとあと都合の悪い表示がブラウザでされてしまうことがありますが、このモードを使えばその心配は不要。安心して特定のページを見ることができます。今回はMicrosoft Edgeで履歴を残さずウェブサイトを見る方法を紹介します。

スポンサードリンク

Microsoft Edgeで履歴を残さずウェブサイトを見る方法

Microsoft Edgeで履歴を残さずウェブサイトを見るにはプライベートモードを利用します。Microsoft Edgeでは「InPrivate」と呼んでいますが、こちらを利用することでまさにプライベートな環境でウェブサイトを楽しむことができます。以下の手順でご利用ください。

In Privateウィンドウを開く

閲覧履歴を残さずブラウジングするにはInPrivateウィンドウを利用します。Microsoft Edgeの以下右上のアイコンをクリックし、その後「新しいIn Privateウィンドウを開く」をクリックします。

In Privateウィンドウを開く

すると、新しく一つInPrivateウィンドウが立ち上がります。このMicrosoft Edge In Privateウィンドウでブラウジングをすれば閲覧データが残りません。Cookie、履歴、一時ファイルなどは保存されず、InPrivateタブを終了した際に一時データがPCから削除されます。

InPrivate

以上になります。閲覧履歴を残さずウェブブラウジングを楽しみたい時にはぜひこちらをご利用ください。

スポンサードリンク