Windows10のエクスプローラーで「最近使用したファイル」を非表示にする方法

最近開いたファイルWindows10はマイクロソフトが提供している基本OS。前回のWindows8やWindows8.1で課題とされていた部分を改良し、さらに新しい要素も取り入れとても使いやすいOSに仕上がっています。

さて、今回はそんなWindows10について。Windows10のエクスプローラーは初期設定で「最近使用したファイル」が表示されるようになっていますが、家族共用、職員共用のパソコンのなど、このような最近使用したファイルを表示したくない環境の場合もあります。そんな「最近使用したファイル」を表示したくないときは、設定で表示させないようにしてしまいましょう。

ここでは、Windows10のエクスプローラーで「最近使用したファイル」を非表示にする方法を紹介します。

Windows10のエクスプローラーで「最近使用したファイル」を非表示にする方法

Windows10のエクスプローラーで「最近使用したファイル」を非表示にする方法は簡単です。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

エクスプローラーをひらく

まずはじめにエクスプローラーをひらきます。

エクスプローラー

表示に進む

エクスプローラー上部タブの「表示」をクリックして表示タブを開きます。

表示タブを開く

フォルダオプションに進む

表示タブ内の選択肢の「オプション」を押します。

オプションを選択

プライバシー設定を変更

「全般」タブ内の「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」のチェックをクリックして、チェックを外します。

チェックを外す

表示されなくなる

エクスプローラー内に表示されなくなりました。

エクスプロー内に表示されなくなる

以上になります。最近使ったファイルは、基本的にすごく便利な機能ですが、ときに表示したくない場合もあります。表示したくない場合は、このプロセスを踏んで、エクスプローラー内に表示されないように設定しましょう。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク