Windows10のメールアプリの下書き保存機能でアプリを閉じても安心

下書き保存Windows10はマイクロソフト社が提供する人気の基本OS。Windows7やWindows8から一新された洗練されたデザインと、使い勝手の良いインターフェースが魅力。私自身、Windows10の発売からその魅力に取りつかれ、MacよりもWindowsを使う時間が多くなってきました。

さて、今回はそんなWindows10の基本アプリである「メール」の、下書き保存機能についてご紹介します。

スポンサードリンク

Windows10のメールアプリの下書き保存機能

Windows10のメールアプリの下書き保存機能とは、その名の通り書き途中で送信する前のメールを保存する機能。誤ってアプリを終了してしまった時でも、下書きフォルダを覗けば自動的に保存されたメールをそこで見つけることができます。

以下に例を記します。

新規メールを作成

新規メールを作成しています。

新規メールの作成

他のメールに移動

メールを書きかけで未送信時に他のメールに移動します。

他メールに移動

下書きフォルダにアクセス

下書きフォルダにアクセスします。

下書きフォルダにアクセス

新規メールが保存されている

新規メールが保存されています。

下書き保存

下書き保存機能があるととても安心。アッと思った時に下書きフォルダを覗いたらやっぱりあった。そんなことが使っていると沢山ありそうですね。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク