Windows10でタスクバーの検索ボックスを削除する方法

Windows10のタスクバー
Windows10は2015年7月29日にリリースされたマイクロソフトの基本OS。Windowsらしいデザインコンセプトは踏襲されつつユーザーインターフェースを改善。全体的に洗練された美しい仕上がりで、PCに向かおうというモチベーションを上げてくれます。

タスクバー上の検索ボックスも新しく追加されたユーザーインターフェースの一つ。確かにすぐに検索できて便利。一方でタスクバーはいつも使うソフトやアプリを並べたいという声も。この検索ボックスは、削除することもできます。ここではWindows10のタスクバーの検索ボックスを削除する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でタスクバーの検索ボックスを削除する方法

Windows10でタスクバーの検索ボックスを消すのはかんたんです。2ステップで実現できます。

タスクバー上で右クリック

まずはじめに、タスクバーの何もない部分で右クリックします。

検索ボックスを表示させないようにする

以下の図のように選択肢が出てきますので、「検索」、「表示しない」と順に選んでください。

検索・表示しないを選択

検索ボックスが表示されなくなりました。

検索ボックスが表示されていないタスクバー

検索ボックスよりも数多く使うアプリを並べたい。そんな方は検索窓を削除して今まで通りのタスクバーの使い方をされるのが良いと思います。ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク