Windows10でメールの署名を変更する方法

vaioWindows10はMicrosoftの基本OS。これまでWindowsシリーズの経験を活かし、良いところは伸ばし、悪いところは改善。結果として使いやすいOSに仕上がっています。

さて、今回はそんなWindows10のメールアプリの設定について。Windows10のメールアプリの初期設定では、署名が「Windows10版のメールから送信」となっており届く人にとって意味不明。ここは、ご自身の連絡先に変更されることをおすすめします。

これからはWindows10でメールの署名を変更する方法をご紹介します。

Windows10でメールの署名を変更する方法

Windows10でメールの署名を変更する方法はかんたんです。以下の手順で設定することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

メールの設定に進む

まずはじめに、メールアプリの左下の歯車マークを押してメールの設定に進みます。

設定に進む

署名の設定に進む

前のステップで歯車マークを押した後に、右側から選択肢が出てきますので「署名」を選択します。

署名を選択する

署名を変更する

以下の赤枠部分が署名のエリアになるのでここの署名を上書きます。

署名を上書き

例えば、このような形に上書きます。

署名

特に決定ボタンなどなく、上書きしたらそれが反映されます。

署名が変更される

新規にメールを作成すると、上書きした署名が表示されています。

上書き後

以上になります。Windows10のメールアプリをご利用になるのであれば、署名は変えるのが吉。ぜひご利用いただければと思います。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク