Windows10でスタート画面からアプリを削除する方法

windows10
Windows10のスタート画面はWindows8/8.1で不評だったスタートメニューを廃止。そして、Windows7とWindows8のいいところだけを合わせたような独自のメニュー画面を搭載しました。そんな独自のメニュー画面。お気に入りのアプリをタイルに表示していればアクセスしやすい一方、不要になったアプリがそこに入っていると視界の妨げになり効率悪化の原因になります。ここでは、スタート画面から不要なアプリを削除する方法を紹介します。

スポンサードリンク

スタート画面からアプリを削除する方法

スタート画面からアプリを削除するのはかんたんです。とても直感的に作業することができます。

スタートメニューを起動する

まずはじめに、スタートメニューを立ち上げます。

Windows10のスタートメニュー

不要なアプリを削除

スタート画面で削除したいアプリを右クリックします。右クリックすると以下のような選択肢が出てきますので「スタート画面からピン留めを外す」をクリックします。

タイルを削除

以上でスタートメニュー画面から特定のアプリを削除できます。タイルはそこそこ画面の面積を取りますから、たとえ一つだとしても邪魔になるもの。何かを探すときの効率にも影響しますから必要なければ極力早めに削除されることをお勧めします。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク