Windows10でタイルのサイズを変更する方法

Windows10
Windows10のスタートメニューはとても便利。Windows7とWindows8の長所を抜き取って結合したようなユーザーインターフェースは使い勝手が上々。なかなかの作業効率が確保できそうな、そんな感じが個人的にしています。そんなWindows10のスタートメニュー。個々のアプリのショートカットとして機能するタイルのサイズを変更することができます。よりアクセスしやすくしたいものを大きく、相対的にアクセスする頻度が少ないものを小さく置くことで、より頻度の高いものへのアクセスしやすさが向上します。今回はWindows10でタイルのサイズを変更する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でタイルのサイズを変更する方法

まずはじめにWindows10のスタートメニューを開きます。

Windows10のスタートメニュー

開いたあとは、サイズを変更したいタイルを右クリックします。右クリックすると選択肢がいくつか出てきますので、その中で「サイズ変更」を選び「小」「中」「横長」「大」から好みのサイズを選択します。今回は「中」から「大」に変更します。

タイルの大きさ変更

「中」から「大」に変えると設定変更後は以下のように表示されます。

タイルが大に変更

ぜひタイルの大きさの違いを利用して作業効率のアップを試してみてください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク