Windows10でタスクバーにアプリを追加する方法

Windows10デスクトップ
Windows10は今までのWindowsの良いところを踏襲し、悪いところを改善したマイクロソフト自信のOS。そんなWindows10で効率をあげるポイントの一つはタスクバーの有効活用。タスクバーによく使うアプリをいれれば、PCを立ち上げてすぐにワンクリックで起動できるので、時間短縮、効率アップにつながります。ここでは、Windows10でタスクバーにアプリを追加する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でタスクバーにアプリを追加する方法

Windows10でタスクバーにアプリを追加するのはかんたんです。以下の手順で完了することができます。

スタートメニューを立ち上げる

まずはじめにWindows10のスタートメニューを立ち上げます。
Windows10のスタートメニュー

タスクバーにアプリを追加

「すべてのアプリ」などを利用して追加したいアプリを探します。見つけたら右クリックをして「タスクバーにピン留めする」を選択します。

タスクバーにピン留めする

以上でWindows10でタスクバーにアプリを追加するのは完了です。スタートメニューのタイルに追加するのも良く使うアプリにたどり着きやすくする一つの手段。タスクバーに追加するのとスタートメニューに追加するののどちらが効率が良さそうか。検討されながら利用されるのをお勧めします。ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク