Windows10でタスクバーを縦にしてサイドに表示する方法

タスクバー Windows10はマイクロソフトが提供する基本OS。いままでのインターフェースを刷新してぐっとモダンな雰囲気になりました。使い勝手も向上し、とても使いやすくなっています。今回はそんなWindows10の操作方法について。Windows10のタスクバーは、初期設定では画面下に表示されるようになっていますが、これを画面の横端、サイドに表示する方法を紹介します。タスクバーの位置は作業効率を考えた個人の好み。作業のしやすさに合わせてご利用になってください。

スポンサードリンク

Windows10でタスクバーを縦にしてサイドに表示する方法

Windows10でタスクバーを縦にしてサイドに表示する方法はかんたんです。1分程度で完了できる、数ステップのプロセスです。以下の手順で進んでください。

「タスクバー」の固定をはずす

タスクバーを移動させるには「タスクバーの固定」を外す必要があります。まずはじめにタスクバー上で右クリック。表示されたメニューの中から「タスクバーを固定する」をクリックしてチェックマークをはずします。

タスクバーの固定を外す

そうすると、タスクバーをドラッグして上下左右自由に移動させることができるようになります。ここで好みの位置に設定します。

タスクバーを移動

移動し終わったら、再びタスクバー上で右クリックし「タスクバーを固定」にチェックを入れてください。

タスクバーの固定を外す

これで、タスクバーの移動は完了です。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク