Windows10を手動アップグレードする方法

Windows102015年7月29日にリリースされたWindows10。日本マイクロソフトではWindows10のアップグレードが行えるメディア作成ツールを提供しています。「事前にアップグレード予約を行ったのになかなか順番が回ってこない」、「はやくWindows10にしたい!」そのような方は自己責任になりますがこれを使ってWindows10のインストールを始めることができます。今回はマイクロソフトが提供するメディア作成ツールを用いてWindows10を手動でアップグレードする方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10を手動でアップグレードする方法

Windows10を手動でアップグレードする方法はむずかしくありません。以下に記す手順を踏めばアップグレードできます。一点気を付けていただきたいのが、このツールを使ったWindows10の手動アップグレードについては、自己責任でのアップグレードとなること。マイクロソフトはWindows Updateからの予約やGet Windows10アプリからのアップグレードを推奨しています。

マイクロソフトのホームページに進む

まずはじめにマイクロソフトのホームページに行きます。以下のリンクよりお進みください。

日本マイクロソフトのWindows10ダウンロードページへ

32bitか64bitを選ぶ

Windows10ダウンロードページでは32bitと64bit両方のダウンロードツールが用意されています。ご自身のPCに合わせたbit数のものをお選びください。

日本マイクロソフトWindows10ダウンロード画面

選ぶとMediaCreationTool.exeというファイルがダウンロードされます。

MediaCreationTool

MediaCreationToolを実行

MediaCreationTool.exeがダウンロードし終わったらこのファイルを実行します。実行すると以下の画面が出てきます。ダウンロードしたPCそのものをWindows10にアップグレードする場合、赤枠の「このPCを今すぐアップグレードする」を選択します。

このPCを今すぐアップグレードを選ぶ

すると、Windows10のダウンロードがはじまります。

Windows10のダウンロード

インストール後は以下の画面が続きます。

windows10のメディア作成

ライセンス条項に同意する

上記のように流れに沿って進んでいくと、以下のライセンス条項への同意を求められます。ここは「同意する」を押して進みます。
ライセンス条項に同意

同意すると、更新プログラムをダウンロードします。

更新プログラムのダウンロード

インストールをスタートする

更新プログラムがインストールし終わると、以下の画面が出てきます。個人用ファイルとアプリをそのままWindows10に持っていくのであれば、そのまま「インストール」を押してください。個人用ファイルのみを引き継ぐ場合や何も引き継がない場合は「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」の下にある「引き継ぐものを変更」を押して設定を変えてください。

Windows10のインストールをスタートする

スタートしてからは、一時間程度待ちます。あとはフローに沿って進んでいくと以下のようにWindows10が無事に利用できるようになります。

Windows10デスクトップ
スポンサードリンク