アルバトロスにWordPressテーマを変更しました

PCアルバトロス
USEFuLNOTES、当ブログのWordpressテーマを変更しました。これまではUndictatedという外国産のテンプレートを使っていましたが、今回採用したアルバトロステンプレートを見て一目惚れ。すぐに採用することにしました。

使ってみるととても満足。カスタマイズしなくても十分運用できるクオリティで、自分で言うのも変ですが、より「信頼性のあるサイト」になったなと思っています。

ここでは、今回WordPressのテーマを「Undictated」から「アルバトロス」に変えた経緯を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Undictated採用時の悩み

これまで利用していたWordpressテーマはとてもシンプルかつミニマルなデザインがとても気に入っていて、テンプレート集などを覗いて、テンプレート変更を検討しても決断に至らないことが多々。しかし、課題を幾つか抱えていて、変えなければならない時期が来ていました。

レスポンシブ対応していない

私の採用していたUndictatedはレスポンシブデザインを採用しておらず、PC版のみのテンプレートのみ存在していて、スマホ用にはWP Touchで対応していました。WP Touchの場合、テンプレートのアレンジに限界があり、例えばスマホ版では1ページあたりの内部リンク数が少なくなってしまったり、アイキャッチ画像がうまくはまらなかったりなど、不都合な点が多々ありました。

プラグインの干渉

Undictatedはとてもシンプルだっただけにカスタムが必須でした。そのため、多くのプラグインを入れた結果、一部プラグインが干渉してうまく機能していないことも。たとえばHead Cleaner。もはや後半は効かなくなっていました。その他にも気になる干渉があり、それによってサイトのパフォーマンスが最大限発揮できていないのでは?と思う部分がありました。

インデックス数が少ない

これはあくまで仮説でしかないですが、Undictatedで作ったUSEFuLNOTESは、Google Search Consoleで送信したページ数と、インデックスされるページ数の差が大きく、インデックスされにくいように感じていました。他のブログで利用していたStinger5はほぼすべてのページがインデックスされていたので、なにかが悪いのでは?と疑ってみた次第です。※Undictatedを利用したサイトのrobots.txtに特別な記述はありません。

上記の状況で、テンプレート変更の時期がもう既に来ていたには来ていたわけです。

アルバトロスを選んだ理由

テンプレートを変更するにあたってアルバトロスを選んだのには理由があります。

デザインが秀逸

なによりデザインが秀逸でした。日頃レスポンシブの企業サイトを業務で運営している私にとって、モバイルファーストでここまで整理されたデザインクオリティの高いテンプレートが個人向けに提供されていることは驚き。情報設計の整った信頼感のあるサイトを構築できそうだと思いました。

SEO的にもいけそう

アルバトロスの公式サイトではSEOに強いと書かれていませんが、ウィジェットの使い方で大分SEOに強くなりそうです。いままでは、テンプレートの性質上、ビッグフッターエリアを設けることができず、カテゴリーや時系列にまとまったページへの同線を貼って内部クローリングを促すことができませんでした。アルバトロスではその点をフッターのウィジェットで解決できています。

コールトゥアクション

まだ実装していませんが、今後アフィリエイトリンクだったりを一括で設置できるエリアとして利用できると思っています。ブロガーにとって、アフィリエイトリンクの運用って難しいですから、この「一括置換」できるエリアはとても重宝します。

日本語ヘルプ

なにより日本語ヘルプがあるのは助かります。前回のUndictatedは外国産のテンプレートだったためヘルプが英語しかなく、困ったときのソリューション探しに若干苦労しました。今回はそのようなことはありませんし、とても分かりやすい解説サイトがあり導入がスムーズにできました。問い合わせ口もあるのでさらに安心です。

アルバトロスを検討してみては?

アルバトロスは秀逸の有料WordPressテーマ。無料のテーマが溢れる中、有料のテーマを買う価値がどれだけあるのか?と疑問にお思いになる方もいらっしゃると思いますが、なによりも設定が最小限でクオリティの高いブログ、サイトが運営できるところが大きな魅力だと思います。Stinger5のようにみんなが利用していて「テーマが被ると嫌だな」なんてところもありますが、結局ブログやサイトはコンテンツが命。コンテンツが異なればブログの表情もおのずと変わりますから、いいテーマはいいテーマとしてみんなで使っていきましょう。

これからさらにブログ運営に励めそうです。

アルバトロス公式サイトへ

スポンサードリンク