WordPressをAMP対応するプラグインAMPの導入方法

amp-plugin昨今話題のAMP。AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの短縮名称で、Googleが推進するモバイル端末でウェブサイトの表示を高速化させようとするプロジェクト。2016年2月25日には、日本でも検索結果上でAMP対応ページの表示が開始されるなど、まさにいま、企業、個人関わらずウェブ担当者が対応を検討しているところです。

さて、今回はそのAMPについて。WordPressでサイトを運営している方に朗報です。WordPressはAMPを全面的にサポートしています。Wordpress.comでサイトを運営の方は、自動的にAMPがサポートされ、何もすることはありません。また、ご自身でサーバーを借りて、WordPressでサイト運用されている方は、プラグインをインストールするだけでAMP対応ができます。

今回は、ご自身でサーバーを借りてWordPressサイトを運用されている方に向けて、プラグイン「AMP」と、その導入方法をご紹介します。

スポンサードリンク

WordPressサイトをAMP対応させるプラグイン「AMP」の導入方法

ここからは、WordPressサイトをAMP対応させるプラグイン「AMP」の導入方法をご紹介します。

プラグインの新規追加ページで検索

まずはじめに、WordPressのプラグイン新規追加画面で「AMP」と検索します。

プラグインを検索する

インストール

「AMP」が表示されたらインストールします。

AMPをインストール

Check Copy Contentsを有効化する

インストールが終了したら有効化します。

パーマリンク設定に進む

左メニューの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックして設定画面に進みます。

パーマリンクに進む

パーマリンク設定を更新する

ここでは、特に値などを変更することなく「変更を保存」を押します。

変更を保存する

設定の完了

以上でAMP対応は完了です。

AMPページへのアクセス方法

AMP対応したページの表示を確認するには、URLの最後に「/amp/」もしくは「?=amp1」をつけます。これを付けると、AMPページを確認することができます。

現在WordPressのVIPカスタマーでありAMP対応しているTechCrunchなどのサイトは、現在Googleでニュースなどを検索すると検索結果にカルーセルで記事が表示されています。しかもこのカルーセル、大分いい位置に表示されています。

今回話題のAMPは、対応するしないで、大きな検索流入に差が出そう。WordPressでサイト運営している方は、様子を見ながらではありますが、対応を検討していただくのが良いと思います。

スポンサードリンク