WordPressを高速化する無料CDN CloudFlare

Cloudflarelogo
WordPressを利用していて気になるのがサイトの重さ。いろいろなプラグインを入れることもあり、サイトのレスポンスが悪くなりがちです。そのため、Wordpressを利用する上でサイト高速化はひとつのテーマ。Mo cache、W3 Total Cache、Head Cleanerなどのプラグインの導入と同様に、CloudFlare(CDN)の利用もサイトの高速化を促します。CloudFlareは無料のCDNサービス。ぜひ導入を検討してください。

スポンサードリンク

WordPressを高速化する無料のCDN CloudFlare

CloudFlareはjavascriptやCSSなどを世界中のサーバーにキャッシュ。さらに自動的にウェブページを最適化してくれるので、サイト訪問時のロード時間をぐっと短縮してくれます。CloudFlareはプラットフォームに関係なく、サイト、ドメインを持っている人ならどなたでも無料で利用が可能。気軽に導入ができます。設定にも時間がかかりません。

CloudFlareの導入方法

CloudFlareの導入は簡単です。CloudFlareのサイトも日本語化されているので、迷うこと無く設定することができます。

CloudFlareのアカウントを作成

Cloudflare公式サイトにアクセス

Cloudflareのアカウントを作成
CloudFlareのサイトにアクセスしてアカウントを作ります。赤枠からユーザー登録できます。
→CloudFlareの公式サイトへ

ユーザー登録

Cloudflareのユーザー登録
必要な情報を入力してユーザー登録します。一般的な会員向けサービスを受けるときと同じような感覚で、特に難しいことを意識していただく必要はありません。

高速化させたいWebサイトを追加

Webサイトを登録
ユーザー登録完了後は、CloudFlareを利用して高速化したいWebサイトを登録します。Webサイトのドメインを入力して、「Webサイトを追加します。」をクリックします。CloudFlareが自動でDNSレコードをスキャンしてくれます。

DNSレコードの構成を確認

DNSレコードを確認する
CloudFlareのDNSレコードのスキャンが終わると、DNSレコードの構成が表示されます。特に問題がなければ、赤枠のボタンから先に進みます。基本的にこのまま進んで問題ありません。

利用プランを選択

利用プランを選択
DNSレコードの確認が終わった後は、利用プランを選択します。有料のプランもここで選べます。必要に応じて選択した後は、赤枠の「継続」ボタンから先に進みます。

ネームサーバーを変更

nameserverchange
利用プランを選択した後は、ドメインのネームサーバーを変更します。画面の左側が現在のネームサーバーで、右側が設定するネームサーバーです。利用しているドメインサービスサイトでネームサーバーを変更してください。

CloudFlareのプラグインを導入

WordPressにはCloudFlareのプラグインがあるのでプラグインを利用して導入します。

プラグインをインストールし有効化する

Cloudflareプラグインをインストールする
Wordpressの管理画面よりプラグインをインストールします。インストールが終わりましたら有効化してください。

管理画面より設定作業を行う

CloudFlareプラグイン管理画面を開く
Wordpress管理画面の「プラグインから」CloudFlareを選択して、CloudFlareプラグインの管理画面を開きます。管理画面を開いた後は、CloudFlareのAPIキーと、登録したメールアドレスを入力してCloudFlareの設定は完了です。

CDN登録の完了
設定が完了した旨の画面が表示されます。

CloudFlare利用にあたってはいくつも画面を経る必要がありますが、それぞれはそこまで難しいものではありません。基本的に内容確認だったりしますし、それらは特に変更が必要なものではありません。すこし時間をかけても導入することでサイトのスピードが上がるなら、入れた方が得策ですね。
ぜひご利用になってください。