WordPressでディレクトリにカテゴリーの構造を持たせる方法

ディレクトリ

WordPressは手軽に運用できるホームページ、ブログ運用ツール。その手軽さが多くの人に受け入れられ、とても人気です。今回はそのWordpressの記事投稿時のURLについて紹介します。

WordPressの初期設定時のページURLは「www.xxxxx.com/?p=123」のように、ドメインにパラメータがつく形式で表示されます。このまま運用し続けてもなんら問題はありませんが、ディレクトリをカテゴリーごとに整理したほうが訪問者にも分かりやすいですし、SEO的にも有効です(検索キーワードがディレクトリに入っていると検索結果画面で太字で表示され、クリックされやすくなる効果があります)。今回はWordpressでディレクトリにカテゴリーの概念を持たせる方法を紹介します。

スポンサードリンク

WordPressでディレクトリにカテゴリーの構造を持たせる方法

WordPressで、URLにディレクトリ構造を持たせるのは簡単です。パーマリンク設定からすぐに変更できます。

パーマリンク設定を変更する

WordPressの設定にあるパーマリンク設定を選択します。初期選択では一番上にある「デフォルト」にラジオボタンが入っていていますが、これを一番下のカスタム構造に変更します。カスタム構造では、URLのルールを任意に設定できます。ディレクトリにカテゴリーの概念を一つ入れ、さらに末尾も任意に設定できる設定にするには、空白のボックスに以下の文字列を入力します。

/%category%/%postname%/

入力後のイメージは以下になります。
パーマリンク設定で定義

これで変更を保存すれば、URLにディレクトリの概念が追加されます。なお、URLの末尾は、投稿ごとに変更できます。特に手を加えない場合、投稿のタイトル名が入ります。変更したい場合は、各投稿の編集画面のURLの下にあるパーマリンクの部分から変更を行ってください。

URLの末尾を変更

一度変更してしまえば、特に意識せずにできるのがディレクトリーの運用。カテゴリーごとに運用してあるほうが、サイトとしての信頼性も上がりますし、長期で運用するブログ、ホームページであれば利用されることをお勧めします。

スポンサードリンク