WordPressでtableを簡単に組めるプラグインEasy Table

WordPressで一覧を使ってサービスの紹介や比較を行いたい場合は、tableを利用して表を作るとそれぞれの差が明示的に示せます。一方で、tableはゼロから記述しようとすると、多くのタグを書かなくてはならずとても面倒。そんな気持ちにこたえるようにwordpressには、tableを簡単に作れるプラグインがあります。前回は、tableを組むのに一番メジャーなプラグイン「Table Press」をご紹介しましたが、今回はそれよりもっと簡単に、簡易的な表をつくるプラグイン「Easy Table」をご紹介します。

スポンサードリンク

WordPressで簡易的な表を作成するプラグインEasyTable

EasyTablelogo
EasyTableは、簡単な表を作成するのに最適なプラグイン。直感的に表が作成できてとても便利。投稿画面でも編集できます。一度使えばその便利さに驚くはずです。

Easy Tableを導入するには

Easy Tableを導入するのは簡単です。わずか数ステップで導入できます。

Easy Tableをインストールして有効化

easytable

Tableの記述方法

初回の表の作成は、プラグインの設定画面で行います。表示に対していくつか設定ができるため色々表示されていますが、簡易的な表をつくるのみであれば、それらは飛ばしてかまいません。右下にある「Test area」で必要な項目を置き換えて、Update previewボタンを押せば、プレビューが表示されます。
easytablesetting

赤枠の中の、それぞれの項目の意味は以下の通り。

table caption=”表のタイトル” width=”表全体の幅” colwidth=”一列目の幅|二列目の幅|三列目の幅
colalign=”一列目の文字よせ|二列目の文字よせ|三列目の文字よせ|四列目の文字よせ|五列目の文字よせ
一列目のタイトル,二列目のタイトル,三列目のタイトル,四列目のタイトル,五列目のタイトル
一列目の内容,二列目の内容,三列目の内容,四列目の内容,五列目の内容

以上の要領で、必要な項目を入力したのち出来上がったタグ構成を投稿画面に張り付ければ表の完成です。

一度投稿画面に貼ってしまえば、あとはそれをコピーしながら必要項目を変えて他の投稿に展開していけば運用は簡単です。Table Pressも良いですが、もっと簡単にTableを利用するならこちらもおすすめです。ぜひプラグインをいれて試してみてください。