WordPressの画像を軽くして高速化するプラグイン EWWW Image Optimizer

New WordPress Buttons and Stickers
By: Nikolay Bachiyski
WordPressを利用して作るwebサイトやブログはプラグインが色々入ることにより重くなる傾向があります。表示するまでに何秒も待つ、そんなサイトも珍しくありません。ウェブサイトにとって、表示の遅いことは致命傷です。訪問者がサイトが表示される前に離脱してしまったり、SEOに影響が出たりと良いことがありません。この致命傷を解決する一番ポピュラーな方法はWordpressのプラグインを導入すること。サイトの高速化に向けたプラグインが多数存在ます。今回紹介するのは、画像のサイズ自体を最適化、小さくすることにより読み込み速度を上げるプラグイン「EWWW Image Optimizer」です。もともと用意した画像が大きいと読み込みもその分遅くなりますのでこのプラグインを導入してウェブサイトに最適な大きさに変換していきましょう。

スポンサードリンク

WordPressの画像を軽くして高速化するプラグイン EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、Wordpressの画像を最適化してくれるプラグイン。画像をアップすれば自動でファイルサイズを圧縮してくれます。また、過去にアップした画像も一括でサイズを圧縮できる機能も付いているので前にさかのぼってメリットを享受できるのも魅力の一つです。

EWWW Image Optimizerの導入方法

EWWW Image Optimizerの導入は簡単です。以下の流れに沿って設定してください。

EWWW Image Optimizerをインストール

WordPressのプラグイン管理画面より、検索ボックスに「EWWW Image Optimizer」と入力し検索、インストールし有効化してください。

Optimizer

インストール後はEWWW Image Optimizerの設定に入ります。

EWWW Image Optimizerの設定方法

EWWW Image Optimizerの設定は通常通りプラグイン設定画面から行います。赤枠で囲った3つのセッティングを行っていきます。
設定画面

Basic Setting

Basic Settingは基本的な設定を行っていく場所です。ここでは、「Remove metadata」にチェックを入れます。これは画像などを撮影したときに記録されるEXIFデータなどを削除してくれます。ページ上で画像そのものを見せたいだけの場合、これらは不要なデータです。
Basic Setting

Advanced Setting

Advanced Settingはさらに細かい設定になります。こちらはもともとの設定のままで基本的に問題ありません。念のため、「disable pngout」にチェックが入っているかを確認してください。
Advancedsetting

Conversion Setting

Conversion Settingは変換にあたってのセッティングを行います。ここでは「Hide Conversion Links」にチェックを入れます。
Conversion Setting

EWWW Image Optimizerの利用方法

EWWW Image Optimizerの利用方法はいたってシンプル。有効化しておけば画像をアップロードすれば自動で最適化してくれます。ここでは、既存の画像の圧縮方法を紹介します。

Bulk Optimizeより画像を圧縮

EWWW Image Optimizerをインストールすると、メディアの項目に「Bulk Optimize」という項目が現れますので移動します。移動すると以下の画面が出てきます。
画像を圧縮する

Optimize Media Library・・・メディアライブラリにある画像を一括で圧縮します。投稿のためにアップロードした画像はこちらで最適化します。
Optimize Everything Else・・・テーマなどにある画像を一括で圧縮します。たとえば、theme images, BuddyPress, WP Symposiumなどの画像です。

用途に合わせてお選びいただき、圧縮いただければと思います。

画像圧縮は高速化の近道。ぜひご利用になってください。

スポンサードリンク