Firefoxのユーザーエージェント切り替え方法

Firefox
iPhoneを筆頭に普及し続けるスマートフォン。最近では家でPCを開かずスマホでウェブを見てるという人も多くいるほど。だからこそ、スマホからの見え方は常にウォッチしてなくてはなりません。理想を言えば、スマートフォン用のサイトのチェックはスマートフォンでできるのがベスト。けど、制作途中に毎回スマートフォンでレイアウトを確認するなんて、なかなか難しいですよね。今回は、PC画面でスマートフォンのレイアウトを確認する「ユーザーエージェントの切り替え方法」の、Firefox版をご紹介します。

スポンサードリンク

Firefoxのユーザーエージェント切り替え方法

Firefoxでユーザーエージェントの切り替えを行うのはとても簡単です。Firefoxのアドオンにある「User-Agent Switcher」をインストールすれば、簡単にユーザーエージェントの偽装を行うことができます。

User-Agent Switcherをインストールする

まずはじめに、Firefoxを開いて、「ツール」から「アドオン」を選択します。

アドオンに進む

アドオン画面で右上の検索窓より「User Agent Switcher」を検索すると、以下赤枠の「User-Agent Switcher」がヒットしますので、インストールします。

User-Agent Switcherを選択

こちらでUser-Agent Switcherのインストールは完了です。

ユーザーエージェントを設定する

User-Agent Switcherインストール後は、実際にユーザーエージェントを変更していきましょう。Firefoxを開くと、以下赤枠の場所にブラウザのアイコンが表示されています。このアイコンをクリックすると以下のように、変更できるユーザーエージェントが表示されます。この拡張機能はMicrosoft Edgeにも対応しています。

ユーザーエージェントを変更

変更したいOSをクリックし、ページをリロードするとそのブラウザで見た時の状態で表示されます。たとえばandroid mobileを選んだ場合は以下のように表示されています。

Android Mobile選択時

以上になります。制作途中に毎回スマートフォンでテストサイトを見るのは大変ですから、ブラウザのユーザーエージェントの切り替え機能をうまく利用して制作効率アップを図っていってください。ウェブ制作業界、動的化が進んだとはいえまだまだ労働時間が長くなりがちですからね。

スポンサードリンク