Google AdSense(アドセンス)の収益を確認するChromeの拡張機能Google Publisher Toolbar

Google Ads
個人でサイトを運営している方にとって、Google Adsenseは一つの収入源。Google Analytics、Google ウェブマスターツールとともに、Google Adsenseを日々チェックしている方も多いと思います。今回紹介するのは、Google Adsenseの収益をワンクリックで確認できるChromeの拡張機能です。わざわざAdsenseのページに遷移しなくても報酬が確認できるので、現在滞在中のページのセッションなどを意識する必要がなくなります。また、その他の機能も充実。掲載されている広告のクリック数、インプレッション収益、見積もり収益額などもわかり、さらには、不要な広告に措置することも可能です。

スポンサードリンク

Chromeの拡張機能Google Publisher Toolbar

Google Publisher ToolbarはChromeの拡張機能。導入後はボタン一つでAdsense(アドセンス)の収入が確認できます。また、広告に対する表示の設定も可能で、不要な広告を表示しないよう措置を講じることも可能です。
GooglePublisherToolbar

Google Publisher Toolbarの機能

ワンクリックでAdsense(アドセンス)の収益を確認可能

アドセンスの確認画面
Google Publisher Toolbarを導入すると、Chromeの右上にアイコンが出てきます。アイコンをクリックすると、AdSenseの収益がどれだけあがっているかが表示されます。まずはここで現在の全体推移を確認できます。

広告ユニットごとのパフォーマンスを確認可能

Google Publisher Toolbarを導入すると、それぞれのbannarの収益詳細を確認することができます。Adsenseバナーをクリックすると、詳細画面が表示されます。
adsensebannar
運用中のAdsenseバナーには、グレーのレイヤーをかけられ、オンマウスで広告の情報が表示されます。

アドセンスの個別ユニット確認画面
Adsenseバナーをクリックすると、個別ユニットの以下のパフォーマンスを確認できます。

見積もり収益額
カバレッジ
広告リクエスト
広告のインプレッション数
クリック数

期間を変更する
期間の変更も可能です。上の赤枠部分より変更できます。

個別の広告のパフォーマンスがわかることによりPDCAサイクルをまわすきっかけになります。Adsenseはページに3つまでしか貼れませんのでそれを一番効果的にするためにはどうすれば良いか、このツールを使いながら検討いただければと思います。