IEで最新のレンダリングモードを指定するmeta要素

ウェブ制作に従事する人間にとって、IEでの動作保証はかならず行わなければならないこと。複数のverが存在し、さらに互換モードが存在するため制作後の検証もだいぶ骨の折れる作業です。現在はIE8以降を保証するのがトレンドですが、IEの互換モードはIE7のレンダリングモードを使用するため実質IE7から動作を保証しなければなりません。IE7を保証するには表現の制限もかなり出てきて現実的ではありません。

そこで今回ご紹介するのが、IE8以降のverで、レンダリングモードを指定するmeta要素の記述。ここで最新のレンダリングモードを指定するようにしておけば、互換表示モードに設定していてもmetaの記述を優先してレンダリングされるので、IE7を意識して作る必要がありません。

スポンサードリンク

meta要素でレンダリングモードを指定

レンダリングモードの書き方にはいくつかありますが、一番おすすめの設定を記します。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1" />

IEで閲覧時にGoogle Chrome Frameで表示し、Google Chrome Frameがインストールされていない場合は、IEの最新レンダリングモードで表示するという記述です。これを記述をすることで、Chrome、もしくはIEの最新のレンダリングモードで表示されるようになり、IE7考慮の必要がなくなります。そして、訪問者に対し適切な状態でサイトを表示することができます。

訪問者への影響は特になし

このmetaタグを記述すると、互換表示設定をしていてもmetaを優先して最新のレンダリングモードでページを表示します。互換設定をしていた場合、記述のあるページから移動した際は、もともとの互換表示設定が有効になりますので訪問者に対して、ネガティブな影響は与えません。訪問者に適切な表示を行うためのmeta要素、検討されてはいかがでしょうか。