WordPressを高速化画像読み込みを後にするLazy load

The Art of WordPressBy: mkhmarketing

WordPressで作られたウェブサイトは様々なプラグインが入り重くなりがち。表示されるまでに数秒待たなければならないサイトもよく見受けられます。表示が遅いと訪問者がページを見る前に離脱してしまったり、SEOに影響が出たりと良いことがありません。そのためWordpressユーザーにとって表示速度の高速化は命題。この命題を解決する一番メジャーな方法は高速化のためのプラグインを利用すること。それぞれの目的に合わせたプラグインがWordpressのプラグイン群には存在するのでそれらを好みに合わせてピックアップしていきます。今回紹介するのは、そんなプラグインの一つ。画像の読み込みを後回しにすることにより読み込みを高速化させるプラグイン「Lazy load」です。

スポンサードリンク

WordPressを高速化画像読み込みを後にするLazy load

Lazy loadはWordpressの高速化に一役買うプラグイン。通常は画像をすべて読み込んでからページを表示するため真っ白な画面を表示している時間が長く続きますが、Lazy loadをいれると、先に画像以外の要素を画面を表示し、そのあとに画像を表示するようになるため、全体の表示を早くなります。

Lazy loadの導入方法

Lazy loadの導入は簡単です。通常のプラグインの導入と同様の手順をとり有効化するだけで設定が完了します。ネットの環境が良ければ2分もかからず導入できますのでまずは試しに入れてみるというのもよい選択だと思います。

Lazy loadをインストールして有効化

WordPressの管理画面のプラグイン画面から「lazy load」を検索、インストールして有効化します。
Lazy load

有効化まで終わればもう設定は完了していますのでご自身のページをご覧になってください。

スポンサードリンク