WordPressでメンテナンス画面を表示するプラグインMaintenance Mode

メンテナンスのお知らせWordPressでサイトのデザインや構造を大幅に変える場合、リンク切れや表示崩れなど色々不具合が起こります。そのため、改修中は「メンテナンス中」や「工事中」といった画面を出すことをお勧めします。今回は、メンテナンス画面を表示するプラグイン「Maintenance Mode」をご紹介。制作側のログインユーザーはサイトの中を見ることができるので、その点の心配もいりません。

スポンサードリンク

WordPressでメンテナンス画面を表示するプラグインMaintenance Mode

Maintenance ModeはWordpressで「メンテナンス中」や「工事中」の画面を表示するプラグイン。サイトのデザイン変更や構造変更を、来訪者に崩れた表示を見せずに行えます。制作側のログインユーザーはサイトの中を見ることができるので、その点の心配はありません。

Maintenance Modeを導入するには

Maintenance Modeの導入は簡単。わずか数ステップで導入ができます。

Maintenance Modeをインストールして有効化

maintenancemode
Maintenance ModeはWordpressの管理画面からインストールできます。他のプラグインと同じ要領でインストールしてください。

Maintenance Modeの管理画面で設定する

ここでは、来訪者に見せるメンテナンス画面の設定を行います。
Maintenancemodeの設定

  • メンテナンスモードを使用/停止する

「使用」にチェックを入れたあとに、メンテナンス画面を終了するまでにかかる日数、時間を入力します。
※ 自動でメンテナンスモードが終了することはありませんので、メンテナンス画面の表示を終了する際には、「使用」「停止」の切り替えで「停止」にチェックを入れて、サイトを更新してください。

  • メッセージ

メッセージ欄はメンテナンス画面で来訪者に伝えたいメッセージを入力します。「メンテナンス中でご迷惑をおかけします」とうい意を最低限掲載しましょう。

以上で設定は完了です。管理者ログアウトしたのちにサイトにアクセスすれば、メンテナンス画面を確認することができます。サイトリニューアル時にぜひご利用ください。