WordPressが重い場合の解決策を練るP3 (Plugin Performance Profiler)

mackeyboarc
Wordpressでサイトやブログを運営することの魅力は拡張性の高さ。プラグインを利用、カスタムしながら好みのサイトに作り上げられる拡張性は、初心者からベテランまで、あらゆる人に嬉しいこと。しかし、プラグインは入れすぎると、サイトや管理画面が重くなったり、表示が遅くなったりします。キャッシュサーバーや、最適化プラグインを入れても取捨選択、さらなる最適化を進めていかなければなりません。今回ご紹介するのは、どのプラグインが表示速度に影響を与えているか確認できるプラグイン。ページや管理画面が重い原因が分かる事で解決にむけた次の一歩を踏み出せるようになります。

スポンサードリンク

WordPressが重いときに。P3 (Plugin Performance Profiler)

P3
P3 (Plugin Performance Profiler)はWordpressサイトの表示速度に、どのプラグインが影響しているかを解析するプラグイン。Wordpressが重い場合にこのプラグインを使えば、その原因を把握できます。原因となったプラグインを確認後は、当該プラグインを削除して代替のプラグインを入れるなど、サイトの改善を図っていきましょう。

P3 (Plugin Performance Profiler)を導入するには

P3 (Plugin Performance Profiler)は基本的な設定だけで機能的に十分。設定も簡単です。

P3 (Plugin Performance Profiler)をインストール

P3installlistwordpressの管理画面から、通常の流れでプラグインを検索、インストールします。

P3 (Plugin Performance Profiler)の有効化

インストールが終了したら、プラグインを有効化します。

P3 (Plugin Performance Profiler)を開始

p3launch
P3は管理画面の左のツールから呼び出します。

p3screen
プラグインの画面が表示されたら、計測をスタートします。下の画面上で赤枠で囲われた「Start Scan」を押します。

スキャンの確認
スキャンを開始する確認ダイアログが出ますので、赤枠の「auto scan」を選択します。

スキャン中
スキャンが開始されます。

スキャン終了
スキャンが終わると、以下の画面が表示されますので、結果に進みます。

p3の結果
上の図のように、パフォーマンスのレポートが表示されます。円グラフは、表示に影響したプラグインと、その影響割合を示しています。赤枠で囲った部分にプラグインがリストアップされています。この図を見ると、headcleanerが表示に大きく影響していることが分かります。

影響するプラグインが判明してからは?

表示に影響するプラグインを特定してからは対処に進みます。プラグインを変更したり、いま入れているプラグインを軽くする方法を模索したり、最適化を図っていくことをおすすめします。

wordpressは利用者が多く、プラグインの課題解決策はウェブ上にかなりあります。「プラグイン名 重い」などと検索すると、プラグインを最適化する方法がきっと載っていると思います。是非あわせてご利用ください。

スポンサードリンク