WordPressで簡単にtableを作成できるプラグインTablePress

tablepressWordPressでサービスの比較だったり、商品などを一覧で紹介したい場合は、tableを利用して表を作ると分かりやすいです。ただ、tableはゼロから記述しようとすると、とても面倒ですよね。wordpressには、tableを簡単に作れるプラグインがあります。今回はtableを簡単に構築できるプラグイン「TablePress」をご紹介します。

 

スポンサードリンク

WordPressで簡単にtableが記述できるプラグインTablePress

tablepresslogo
TablePressは、Wordpressでtableで表を簡単に表示できるプラグイン。htmlを直接編集しなくても表が簡単に作れます。商品の比較表などを作るのに最適です。表に並び替え機能をつけることもできます。

TablePressを導入するには

TablePressの導入は簡単。わずか数ステップで導入できます。

TablePressをインストールして有効化

tablepressinstall
TablePressはWordpressの管理画面からインストールできます。他のプラグインと同じ要領でインストールしてください。

新規tableの追加

WordPress管理画面から「TablePress」を選択し管理画面に進むと以下の画面が表示されます。「Add New Table」を選択します。
新規テーブルを追加

Tableの基本情報の入力

tableの名前や概要、表の行数、列数を入力します。実際に訪問者に見える部分は、表の行数と列数です。この部分のみ注意して入力すればこの画面は問題ありません。入力が完了したら「Add Table」ボタンを押してください。
今回は、ノートパソコンの性能比較表を例に表を作ります。

tableの基本情報を入力

表示情報の追加

実際にtableに入力する要素をインプットし保存します。

テーブルの情報を入力

ベースはこのエリアまでで大丈夫ですが、このエリアの下の項目により細かい設定ができます。

テーブルの情報を入力 tableの細かい設定をする

editorにショートコードを追加

テーブルに入力する情報の編集が完了したら、投稿の編集画面で作った表を挿入します。ショートコードをそのまま書いても挿入できますし、エディタ内のショートカットからも挿入できます。ショートカットから挿入する場合は、ショートカットの「Table」ボタンを押します。

tableを挿入する

その後表示された画面で挿入するtableを選びます。

挿入するtableを選択

ショートコードがエディタ内に記述されます。

エディタ内にショートコードが記述される

その後は公開するだけで、tableで組まれた表が表示されるようになります。

スポンサードリンク