WordPressを高速化するプラグインW3 Total Cache

Wordpressを高速化するプラグインWordPressを利用していて課題となるのがサイトの重さ。いろいろなプラグインを入れることもあり、サイトのレスポンスが悪くなりがちです。そのため、Wordpressを利用する上で必ず入れたいのがサイト高速化プラグイン。有名なのは「WP Super Cache」「W3 Total Cache」。「WP Super Cache」はページをキャッシュするプラグインなのに対して、「W3 Total Cache」はページをキャッシュする他に、データベースキャッシュや、オブジェクトキャッシュ、ブラウザキャッシュ、htmlやcss、javescriptの最適化なども機能として持っています。「WP Super Cache」よりも「W3 Total Cache」の方が最適化されるため、ページの読み込み速度は「W3 Total Cache」の方が速いです。今回はその、高速化プラグイン「W3 Total Cache」を紹介します。

スポンサードリンク

WordPressを高速化するプラグイン「W3 Total Cache」

W3 Total Cache 「W3 Total Cache」はWordpressを高速化するプラグイン。ページをキャッシュする他に、データベースキャッシュや、オブジェクトキャッシュ、ブラウザキャッシュ、htmlやcss、javescriptの最適化してくれます。ページの速度が劇的に変わります。

「W3 Total Cache」を導入するには

「W3 Total Cache」の使い方は、基本的な設定だけなら簡単。いろいろアドオンでやるなら知識が必要です。 基本設定をするだけでも効果は出ますから、それのみでもおすすめします。

「W3 Total Cache」をインストール

W3 Total Cacheのインストール
Wordpressのプラグイン画面から「W3 Total Cache」を検索してダウンロードします。

「W3 Total Cache」を有効化

プラグインを有効にすれば初期設定されている設定が有効になります。この時点で高速化スタートです。

「W3 Total Cache」の管理画面で設定する

初期設定に加えて設定をする場合は、管理画面から設定します。 はじめは、Page Cache、Browser Cache、DateBase Cacheを利用できれば良いと思います。 CDNを利用している方はCDN設定がここでできます。

「W3 Total Cache」の効果は一目瞭然

「W3 Total Cache」の効果は一目瞭然です。体感できるほどページの読み込み速度が変わるので、「いれてよかった」ときっと思えると思います。Worpress高速化必須のプラグインですね。