WordPressサイトをスマホ最適化するプラグイン「WPTouch」

WPTouchiPhone、Xperia、Galaxy・・・。以前はガジェット好きの持ち物だったスマホも普及しつづけ、幅広い年齢層にスマホが行き届く時代になっています。そんなスマートフォンからの閲覧に対しては、スマホ最適化した画面を表示させることが重要です。
最近どのサイトも「レスポンシブウェブデザイン」といってスマートフォンに合わせたレイアウトのページを表示するようになってきています。そんな環境の中、PCと同じレイアウトをスマートフォンでも出していると「なんだ、PC版か。見にくいから後で家で見よう」と、訪問者はほかのサイトにいってしまいます。それは避けなければならない事態。今回は、スマートフォンに最適化したレイアウトで表示させるためのプラグインをご紹介します。

スポンサードリンク

スマホ最適化プラグイン「WPTouch」

WPTouch
WordPressには、スマートフォンに合わせたデザインにページを変換するプラグインが複数存在しています。「WP Touch」は、そのなかで一番普及しているプラグイン。簡単にスマホ対応できて表示速度も速いので多くの人から支持されています。

「WPTouch」を導入するには

「WPTouch」は取り扱いが簡単です。はじめての方でもすぐにスマホ用のページを持つことができます。

「WPTouch」をダウンロード

WPTouchをインストール
Wordpressのプラグイン画面から「WPTouch」を検索してダウンロードします。

プラグインを有効化すればスマホ対応画面に

プラグインをダウンロードした後は、有効化するだけ。たった2ステップでスマートフォン用の画面が表示されるようになります。
WPTouch適用画面

標準的な実装であれば、数ステップでスマートフォン最適化ができてしまう「WPTouch」。スマホ対応が常識となってきているこの時代。スマホ対応していないサイトを運用中でしたら、「とりあえずインストール」して様子を見るのも良いと思います。