WordPressで関連記事を表示させるプラグインYet Another Related Posts Plugin(YARPP)

WordPressのブログに投稿を続けていると、どんどん昔の記事は下に埋もれていってしまいます。せっかく有用な記事を書いているのに、埋もれていってしまうのはもったいないですよね。その対策として、投稿した記事の下に関連した投稿リストを表示するのはいかがでしょうか?サイトにアクセスしてきた人が昔の記事もよんでもらえる確率が上がります。SEOにも有効です。今回はWordpressで関連した記事を表示させるプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」を紹介します。

スポンサードリンク

WordPressで関連記事を表示させるプラグインYet Another Related Posts Plugin(YARPP)

Yet Another Related Posts Plugin
Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)は、Wordpressで投稿記事の下に関連した投稿をリストとして表示するプラグイン。サムネイル画像つきのリスト表示や、テキストのみのリスト表示など、表示形式も柔軟に調整できるのが魅力です。

Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)を導入するには

Yet Another Related Posts Pluginの導入は簡単。わずか数ステップで導入できます。カスタマイズも直感的にできますので初心者の方でも手軽に取り入れることができます。

YARPPをインストールして有効化

Yet Another Related Posts Pluginをインストールして有効化
YARPPはWordpressの管理画面からインストールできます。他のプラグインと同じ要領でインストールしてください。

YARPPの管理画面で設定する

YARPPの管理画面上でここを抑えれば基本的に大丈夫、という点をご紹介します。

  • 関連スコア設定
YARPPset
  • 表示する最低関連スコア
  • 数字を高くすれば、関連性の高いページのみ表示されます。下げれば関連性が比較的低いページでも表示されます。記事が少ないうちは設定を甘くして表示させることを優先しましょう。

  • タイトル・内容・カテゴリー・タグ
  • 関連性を検出する上で重要視する項目を変更できます。同じタグや、カテゴリーに属する記事を表示させたい場合は、「タグ」や「カテゴリー」を「検討する(最重視)」に設定します。私は内容を重視にしています。

    YARPPset2
  • 一度に表示する関連記事数
  • 何個の関連記事の紹介を表示するかを設定できます。SEO的な面から見ると多い方が良いですが、なんでもかんでも紹介するのは微妙ですから5個〜6個くらいが良いと思います。

  • 表示形式
  • テキストのリスト形式で表示するか、サムネイルで表示するかを選択できます。サムネイルの場合は、表示にアイキャッチ画像が利用されます。サムネイルの方が直感的で分かりやすいので、サムネイルでの設定をおススメします。

  • 関連記事表示を囲むタグ
  • 関連記事を表示する前に表示される見出しの表示テキストを変更できます。関連記事があった場合、関連記事が無い場合など設定できますので、それぞれ設定してください。

    基本的にはこれだけ設定できれば大丈夫です。これで、過去の記事が埋もれること無く訪問者に読んでいただけます。