カエレバより設定が楽!バリューコマースのMyLinkBoxの特徴を徹底解説

pcアフィリエイターに一番人気の商品紹介アフィリエイト。自分の使った商品の感想を記事にして最後にアフィリエイトリンクを貼って収益を得るスタイルで、取り組みやすいのが魅力です。

ただ、このアフィリエイトで悩むのが「紹介したものの色々なところで販売されていてどこのリンクを貼るのが良いかわからない」ということ。例えばヤフーショッピングやアマゾン、楽天でも売っていて、一つのモールのリンクだけ貼っていると売り逃がしている可能性があって、心理的に不安になりますよね。

さて、そんな状況を解決するアフィリエイトフォーマットのMyLinkBoxがバリューコマースから提供されています。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、カエレバに近いフォーマットで、これを使えば一つの商品を紹介して複数のアフィリエイトリンクをきれいに貼ることができます。

ここでは、MyLinkBoxについて特徴を紹介していきたいと思います。

MyLinkBoxとは?

バリューコマースが提供するMyLinkBokとは、紹介したい商品やサービスのパーツをアフィリエイト管理画面でかんたんに作成できる機能です。これを使えばヤフーショピングやアマゾン、楽天などのモールはもちろん、旅行、電子書籍、グルメ、家電、VOD、アルバイト、エンタメなどのリンクを一つの商品紹介エリアや記事下の誘導エリアに設置することができます。ここからはMyLinkBoxのポイントをご紹介していきたいと思います。

複数リンクが貼れるから取りこぼしが少ない

複数のリンクを貼ることができるMyLinkBoxは一つの商品紹介エリアに複数の広告主へのリンクが貼ることができます。

物品の紹介アフィリエイトで悩むのがどこのアフィリエイトリンクを貼るか。当然料率の高いところを貼りたいのですが、人によっていつも使っているショッピングサイトは異なるので一つに決めきってしまうと機会損失につながりかねません。その点、MyLinkBox複数リンクが貼れるので、取りこぼしを少なくすることができます。また、いわゆるレスポンシブ対応しており、レイアウトもPC用、スマートフォン用があり、見る端末によって見にくくなってしまうことがありません。以下にレイアウトの例を紹介します。

PC用

スマートフォン用

このような形で表示されるのですが、すでにMyLinkBoxに対応している広告主であれば、その広告主サイトへのリンクをすぐに差し込んでいくことができます。

MyLinkBoxを利用される方はアマゾンやヤフーションピング、楽天などのモール系をご利用になる方が多いと思いますが、それらの広告主はバリューコマースで提携できますので、バリューコマースに登録してからこれらの広告主と提携いただければと思います。

バリューコマースの登録はこちら

MyLinkBoxを使えるジャンルと広告主

MyLinkBoxでは、アマゾンやヤフーショッピング、楽天などのモールだけでなく、旅行系や電子書籍、アルバイトなどの情報をアフィリエイトリンクとして設置することができます。

MyLinkBox対応広告主

カテゴリー広告主
モールアマゾン/ヤフーショッピング / 楽天市場 / LOHACO /セブンネット / Wowma!
家電カメラのキタムラ / TSUKUMO / ドスパラ / ヤマダ電機 / nojima
国内旅行じゃらん / JTB /楽天トラベル / ヤフートラベル
電子書籍楽天市場 / 楽天Kobo/ eBookJapan / 紀伊国屋書店 / BOOK☆WALKER / BookLive! / honto
グルメホットペッパーグルメ
動画配信サービスU-NEXT / Hulu
アルバイトタウンワーク / フロム・エーナビ / タウンワーク
エンタメNeowing /mu-mo / レコチョク

バリューコマースによると順次増やしていく予定のようです。

ブラウザに依存しない設定

MyLinkBoxはバリューコマースの管理画面上でログインしてから利用するので、いつでも同じ設定情報が参照できます。カエレバをご利用になっていた方の中には、「過去に入力していたIDが消えてる、、、また入力か。。。」と思ったことがある方いらっしゃると思います。MyLinkBoxはバリューコマースのログイン情報から設定内容を引っ張ってくるのでこのようなことが起きません。これはカエレバ使用経験のある私にとって実は一番嬉しい仕様です。

作成&設置の手間が少ない

MyLinkBoxはバリューコマースの管理画面で検索キーワードを入力して表示する選択肢を選択するだけで、広告主サイトの検索結果ページのURLを自動でアフィリエイトリンクにしてくれます。

上記のように説明してもなかなか分かりにくい部分が多いと思いますので、手順をご紹介します。

①オススメする商品を決める

Amazonまずはオススメする商品を決めます。今回は例としてマテルネのオレンジコンポートを紹介したいと思います。

②バリューコマースの管理画面でMyLinkBoxの管理画面に進む

ツールまで進むバリューコマースにログインして、その後以下の赤枠の通り「便利ツール」→「MyLinkBox」→新規作成に進みます。

③パーツの名前を決める

パーツ名を決める新規作成の画面に進んだら、まずはじめに今回作成するMyLinkBoxのパーツ名を決めます。これはユーザーに表示されるものではなく管理用のものなので、何を訴求したMyLinkBoxなのかがわかるのが望ましいと思います。今回はマテルネ オレンジ・コンポート①としています。

④カテゴリーを決める

カテゴリーを決めるカテゴリーは「モール」や「国内旅行」「電子書籍」などのカテゴリーを選ぶところ。今回の例は物品紹介なので「モール」を選択しています。

⑤検索キーワードを決める

検索キーワードを決めるここでは、それぞれのショッピングサイトの検索画面で検索するキーワードを設定します。ここで設定したキーワードの検索結果画面がリンクボタンを押した後のリンク先になります。

⑥タイトルを決める

画像の有無と挿入商品のタイトルを決めます。このタイトルはMyLinkBoxの商品名表示にあたる部分なので、シンプルに記載して行きます。

⑦画像の表示の有無を選択する

画像の有無を選ぶ今回作成する広告パーツに画像を加えるかを選びます。

⑧画像のURLを設定する

画像のURLを挿入するここで表示したい画像のURLを設定します。例えばヤフーショッピングの商品説明ページに掲載のある画像だったり、アマゾンの商品説明ページにある画像だったりです。自分の好みの画像を見つけたらそれを設定しに行きます。

画像のURLの取得

今回の例であれば、ヤフーショッピングで設定したい画像を見つけて右クリック→画像のアドレスをコピーを選択してアドレスを入手して設定しています。

⑨リンクを設定する広告主を選ぶ

リンク設定する広告主を選ぶリンクを設定する広告主を選びます。右側にあるのが現在の設定で表示されるリンクの広告主。ここから削除したり、並び替えをすることができます。また、現在未提携であれば、左の広告主リストのように末尾に「(未提携)」と表示されます。もしこれらの未提携の広告主のリンクも貼りたいようであれば、提携申請をします。

⑩プレビューを確認する

プレビューを確認するこれまでの流れを完了するとプレビューでどのように表示されるかを確認することができます。ここで確認して問題がなければ「MyLinkBox作成」を押します。

広告コードを貼る

広告コードを貼るMyLinkBoxを作成を押すと、上の画面になります。ここで上のコードをheadタグ内に挿入し、下のタグを表示したい場所に挿入します。上のタグは一回一律で入れてしまえば後は挿入する必要ありません。これで好きな場所にMyLinkBoxを表示することができます。

設置後の内容メンテナンスもかんたん

パーツ名を決める

編集する
一度アフィリエイトリンク設置後のメンテナンスもかんたんです。バリューコマースの管理画面から直したいMyLinkBoxの画面に行き、「編集」を押すと設定画面が表示されてメンテナンスすることができます。

MyLinkBoxまとめ

これまでバリューコマースのMyLinkBoxについてご紹介してきました。私自身、このMyLinkBoxの機能を知って「カエレバで不満に思ってたところが解消できてる!」と思いとても嬉しかったです。ぜひ物品アフィリエイト、旅行系のアフィリエイトなどに取り組んでいる方はこちらのMyLinkBoxを利用してみてください。

なお、利用にはバリューコマースの登録と、広告主との提携が必要になりますのでまだバリューコマースに登録していない方は登録して広告主ともつながってみてください。

スポンサードリンク

バリューコマースのアフィリエイト

Valuecommerceここからは、私自身がバリューコマースを利用していて感じたバリューコマースのポイントをご紹介します。

アフィリエイターを育てていく姿勢があって一緒に進んでいける

バリューコマースでは、アフィリエイター向けに比較的少人数のセミナーを行っています。例えば、「初心者向けアフィリエイト基礎セミナー」や「広告主に聞く○○セミナー」など。

    2017年〜の一部:

  1. バリューコマースVOD担当から“直接聞ける”勉強会(2018年7月)
  2. SEOセミナー(2017年3月)
  3. 広告主から“直接聞ける”勉強会 UQモバイル(2017年11月)

私は過去に、広告主と対話できるセミナーを複数回と、アフィリエイト報酬を10万円にすることを目的にしたセミナーに参加しました。

いずれもとても有用で広告主のウェブサイトからは捉えきれないセールスポイントや、ウェブサイト運営上の集客のコツや便利ツールなど、細かくアドバイスいただけました。アフィリエイターを育てていこうとする文化があるんだろう。そんな印象を受けています。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングと提携できる

バリューコマースは3大モール、具体的にはAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天とアフィリエイト提携できるので商品を紹介するのに最適です。それは、例えば気に入った商品の記事を書いて「ご購入はこちら」のリンクを置くときに、「Amazonでのご購入はこちら」「Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら」「楽天でのご購入はこちら」と3つのリンクを置くことができるから。読者に購入先を選んでもらうことができます。

アフィリエイトの図

これが例えばAmazonしかリンク先がなかった場合、「私Yahoo!ショッピングでTポイント集めているからそっちで買おう!」といってサイトを離脱してしまう人が出てしまいます。その結果、せっかく自分の記事で買う気になってもらえたのに自分の成果にならなくなってしまうことも。そんなことを防げるのがバリューコマースのいいところだと思います。

大手企業と提携できる

バリューコマースは大手企業とアフィリエイト提携できます。大手企業の商品はすでにある程度の認知があるため買われやすいためアフィリエイトを始めたばかりの方でも相対的に成果が出やすくスムーズにアフィリエイト生活をスタートさせることができます。これがマイナーなブランドしか紹介できない場合には、消費者に「ここの会社は信頼のできる会社で、さらにこの商品はこういうところが良くて・・・」と説明しなければなりません。購入までの道のりの違いをなんとなくご理解いただけると思います。

バリューコマースは上記でご紹介した3大モールに加えて「au」「docomo」「softbank」などの通信キャリアや「AMEX」「JCB」「三井住友カード」などのクレジットカード会社、「Lenovo」「NEC」などのパソコンメーカーなど、大手企業が広告主と名を連ねており扱いやすい商材をピックアップすることができます。

承認率がわかる

バリューコマースでは、誰でもアフィリエイト広告の「承認率」を確認することができます。承認率とは、発生したアフィリエイト成果のうち承認(確定)される割合のことです。

承認率

たとえば、100件の注文が発生したとしても、広告主が20件分しか承認しなければ、20件分の報酬しかもらえません。(この場合の承認率は20%です)。承認率が高いほど稼ぎやすいといえるので、アフィリエイターにとって承認率は非常に重要です。

会員ランクが高いサイト限定で「承認率」を開示しているASPが多いなか、バリューコマースでは全員に開示しています。これからアフィリエイトを始めようという方や現在アフィリエイターのみなさまも、各広告の承認率を確認することをおすすめします。

スポンサードリンク