企業の広告担当者だったら知っておきたいDSPとは?

企業の広告担当者にとって、オンライン広告の手法の理解は必須事項の一つです。なぜならそれは、広告手法をどれだけ理解しているかによって、その時々の判断が変わってくるからです。できる限り広い範囲の知識をつけた上で如何に最適な広告ポートフォリオを構成し、マーケティング戦略を実行していくことが求められています。

今回は、そんな企業の広告担当者の方に向けて、広告手法の一種であるDSP広告について、その概要とメリット、活用方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

DSP広告とは?

DSP広告とは、DSP(Demand Side Platform)を活用した広告のことです。

DSPとは、オンライン広告において、広告主・広告代理店が活用するプラットフォームで、複数のアドエクスチェンジ・アドネットワークを一元的に管理する機能を持っています。DSPを利用すれば、広告主は複数のアドエクスチェンジ・アドネットワークに一括して配信ができます。このプラットフォームを活用した広告をDSP広告と呼んでいます。

DSPのメリット

ここからはDSPを活用するメリットについて紹介いたします。

広告の一元管理

DSPのメリットは、広告を一元管理できることです。
広告インベントリの買い付け、広告配信、掲載面、クリエイティブの分析、入札単価の調整、オーディエンスターゲティング等、広告主のためにあらゆる最適化をシステマティックに行い、複数のSSPとRTB接続することで、広告インベントリを必要とした時にリアルタイムで入札に参加します。

オーディエンスデータを活用した広告配信が可能

それぞれのDSPでは、オーディエンスデータを活用した広告を配信できます。例えば、都道府県などの居住地域だったり、年齢だったり、洋服・音楽・映画などの興味関心項目だったりです。

もちろん、Google Adwordsにも同様のターゲティング機能はありますが、それらのターゲティング項目にない、特定のDSPだからこそできるターゲティングがあり、その際にDSPは有用です。一言でDSPといってもサービスは無数にありますので、ご利用の際はどんなターゲティングができるか確認されることをお勧めします。

CRMデータと連携したターゲティングが可能

DSPは、通常上記のターゲティングセグメントを作るためにDMPを構えています。そこには無数のユーザーのウェブサイト行動履歴が入っており、その行動履歴を活用してセグメントを作っています。このDMPと自社のCRMデータ(顧客データ)をCookie Syncという手法で連携させて、優良顧客にアプローチしたり、優良な見込み顧客にターゲティング配信をすることができます。

例えば優良顧客にアプローチする例としては、カメラメーカーで、一眼カメラ本体を購入したユーザーリストをDMPとCookie Syncで連携させて、対象のユーザーに対して、レンズの広告をDSPで配信するといった使い方ができます。

見込み顧客に関する例としては、自社のロイヤルカスタマーや、高級ラインの商品を購入しているユーザーリストをDMPとCookie Syncで連携させて、そのようなユーザーに近しいウェブサイト上の行動を取っているユーザーに対してDSPで広告を配信することができます。

このような形で、CRMデータを活用したCRMそのもの、もしくは見込み顧客を見つけるのに活用することができます。

DSP広告の活用方法

このように、運用上メリットが多いDSP。どのように活用していくのが良いでしょうか?

他のアドネットワークと比較しながらの運用を

企業がオンライン広告を配信するのにはたくさんの選択肢があります。Google Adwordsを使ってGoogleのアドネットワークを手動で運用する、というのが一般的ですが、それらの広告と比べ、どちらが広告効果が高いかしっかり見極めながら運用するのが良いと思います。DSPだからといって、パフォーマンスが良いとは必ずしも言えません。活用して、しっかり見極めることが大切です。

成果指標を明確にした運用を

おそらく、こちらの記事をご覧になられている方は、Google Adwordsなどを利用してディスプレイ広告を運用されていると思います。それに加えてDSPを運用する際は、どのようにDSPで配信した広告の成果を見るかをあらかじめ決めた上で運用されることをお勧めします。というのも、DSPでの配信はCPCがアドネットワークでの配信に比べて高くなりがちです。CPCだけで広告運用をしているとDSPは運用と合致しなくなる場合が多々あります。ですので、例えばCPAやROASを基軸に考えるであったり、配信コストだけでない軸を設定し、運用を回していただければと思います。

いかがでしょうか。DSP活用のメリットを把握された上で、ポイントも抑えて運用いただくと、DSPのメリットを十分に感じていただきながら広告運用ができると思います。

スポンサードリンク