ドクターエアの3Dマッサージロールを実機レビュー・徹底解説

3Dマッサージロールドクターエアはご存知の方も増えてきているマッサージツールのブランド。スマートなデザインで普段の暮らしに溶け込むような佇まいの商品が多くメディアにも取り上げられていて、マッサージツールのブランドとして注目している方も多いのではないでしょうか?。

さて、今日はそんなドクターエアの3Dマッサージロールをご紹介。場所を選ばず簡単にマッサージができる、そんなマッサージツールを実機でレビューします。

3Dマッサージロール ドクターエア

スポンサードリンク

ドクターエア 3Dマッサージロールのスペック

ここからは、ドクターエア 3Dマッサージロールについて紹介します。まずはじめに、全体的なスペックからご紹介します。

商品概要スペック

販売名3Dマッサージロール
一般的名称家庭用電気マッサージ器(管理医療機器)
電源 AC100V~50-60Hz/リチウムイオン充電池(DC7.4V 2200mAh)
定格消費電力10W
充電時間※約3時間(満充電まで)
電池持続時間最長約180分(振動弱)〜90分(振動強)
充電回数450回
振動回数弱:2300回/分(±300回)
中:2700回/分(±300回)
強:3700回/分(±300回)
モード:最大平均3100回/分(±300回)
タイマー15分(+-10%)

サイズ・重さ

寸法φ85×H310mm
質量675g

ドクターエア 3Dマッサージロールの外観・仕様の実機レビュー

ドクターエア 3Dマッサージロールの大きさ

大きさ上記で記載したスペック表だとなかなか大きさって想像できないと思います。実際に手に持ってみるとこれくらいの大きさです。片手で持てるくらいの大きさで、重さも675gなので500mlのペットボトル+α。軽々扱える、それくらいのサイズ感と質量です。

アシストカバー付き

アシストカバードクターエアの3Dマッサージロールには、アシストカバーが付いています。このアシストカバーは、マッサージロール単体だとマッサージできない部分をマッサージできるようにする優れものです。

アシストカバーに3Dマッサージロールを入れて利用します。これを使うと腰などのマッサージが楽にできるようになります。

マッサージロールをカバーに入れた図

ワイヤレス

3Dマッサージロールはワイヤレス。充電式でコードレスなので、場所を選ばずにマッサージすることができます。「コードもあってリビングに据え置きだからマッサージできない・・・」そんなことが起きないのでとてもいいです。まさに好きな時に、好きな場所で使えるマッサージツールです。

ちなみに我が家では、ソファの上に置いてあり、好きな時に手にとってマッサージを楽しんでいます。グレーを選んだらアシストカバーがブラウンで、ちょうど我が家の雰囲気にはまりました。

ドクターエア 3Dマッサージロールの使用感の実機レビュー

ドクターエアの3Dマッサージロールは上でご紹介した通りコンパクトなのですが、とてもパワフルで、3分間で最大10,000回の振動があり、それを通して全身を強力にマッサージします。

使い方

ドクターエア 3Dマッサージロールの使い方はすごくシンプルです。「こんなにか・・・」と思いますが、操作するのはボタン一つ。以下の写真の真ん中のファンクションボタンで操作をします。

ファンクションキー

操作の項目は、電源のオン・オフと振動の強さの変更です。


オフになった状態からボタンを押すごとに、電源オン、モード1(2,300回/分)、モード2(2,700回/分)、モード3(2,300回/分〜3,700回/分ローテーション)、モード4(3,700回/分)、電源オフになります。ファンクションボタンの長押しでも電源をオフにすることが可能です。

(画像引用:ドクターエア公式サイト

使うシーン

ドクターエアの3Dマッサージロールは、好きな部位に使っていただく形になりますが、使い方の代表的なシーンをご紹介します。

腕、二の腕

腕、二の腕に。腕で挟むような形で振動を加えます。

腕にマッサージ

3Dマッサージロールに付属のアシストカバーを使って肩のマッサージをすることができます。アシストカバーの取っ手を持って軽く引いておくとちょうどいいです。

アシストカバーを使用

後ろから見ると以下のようになっていて、しっかり肩を刺激してくれます。

肩を刺激

背中

肩の延長で背中のマッサージをアシストカバーを使って行うことができます。

背中

腰も同様で、アシストカバーを使って少し前に引きながらマッサージをします。

腰のマッサージ

アシストカバーによる機動力、拡張力は抜群。私は毎日デスクワークでPCを見ている時間が長く、肩がこっていることが多いため、こういった形で肩や腰をマッサージすることができるのは非常に嬉しい仕様です。「開発者さん、考えたな」そう思った次第です。

使ってみての純粋な感想

実際に使って見ると、振動が予想よりも強くてパワフルです。上の「使い方」で紹介したように、モードは4つあり、それぞれで振動の強さが変化しますが、モード2でもかなりの振動。モード4までいくと、「ここまでか!」と思うくらいに動きます。

これを好みに合わせて各部位に当てていくわけですが、一箇所に長く当てておく、というよりも、同じ箇所に一定時間当てたら他の箇所へ移ってマッサージを続けていく、そんな使い方が良さそうです。特に、私はソファに腰をかけながら、肩から腰にかけて動かしながら当てていくのが気持ちよく、非常に気に入っています。

まとめ

ドクターエアの3Dマッサージロールはコンパクトながらパワフルで、全身を強力にマッサージしてくれるマッサージツール。リビングに置いて置いても違和感のないデザインで、いつでも好きな時に好きな部位をマッサージできるのが非常にいいなと思っています。

手軽にマッサージを楽しみたいかたは、公式サイトで情報を確認してみてください。

スポンサードリンク