Dropbox Plusが安い!公式より1万円以上お得に購入する方法

DbDropboxは、多くの人が利用しているオンラインストレージサービス。Dropboxは、複数のPC、タブレット、スマートフォンから同じフォルダにアクセスできるのが便利。最新のファイルをクラウド上におけるから、変な先祖返りもありません。私もDropboxを利用してから数年経ちますが、Dropboxをメインのストレージとして活用していて、もう生活から切っても切れない存在になりました。

さて、今日はそんなDropboxについて。

Dropboxは無料版で契約していると、容量が2GBまでしか使えません。そして、2GBを超えると有料版に移行しなければならず、移行する場合月々1,200円がかかってきます。

月々1,200円のコストって年間にすると14,400円なので、結構馬鹿にならないもの。ちょっと支払うのを躊躇してしまう部分があるかもしれません。ですが、そこが解決すれば、Dropboxは便利ですし使っていきたいですよね。

ここでは、Dropboxをお得に安く使える方法を紹介します。

Dropbox Plusを安く使えるお得な買い方

Dropbox Plusをお使いの多くの方は、月額でDropboxに支払いをしていると思います。おそらくこれが一番自然な使い方だと思います。

ですが、Dropboxには、その月額課金よりも圧倒的に安い価格で利用できる方法があります。

それは、ソースネクストのオンラインショップで3年版を購入するという方法。

Dropbox3年分のライセンスをソースネクストのオンラインショップで購入すると、その価格は24,000円。月々667円で利用できる計算になります。

通常のDropbox Plusの月額料金は1,000円ですから、かなりお買い得なのがお分かりになると思います。

以下に、Dropbox Plusのソースネクストの価格とDropbox公式サイトの価格を記しています。圧倒的にソースネクストで購入するのが安いです。

商品価格
ソースネクストでDropbox Plus 3年版を購入24,000円
公式サイトでDropbox Plus 1年契約×3回36,000円
公式サイトでDropbox Plus 1ヶ月契約×36回43,200円

3年分のライセンスを購入しているので当たり前ですが機能はDropbox Plusそのもの。いつも通りのDropboxを使うことができて、ここまで価格が違います。

ソースネクストのDropbox Plusを購入してから導入までの手順はシンプルで、以下のリンクからDropboxを購入してアクティベーションするだけ。今現在Dropboxを利用されている方も、現在のアカウント、保存内容をいかしたまま利用することができます。

Dropbox無料版とDropbox Plusの違い

有料版を契約する方にとって、Dropbox無料版とDropbox Plusの違いをしっかり把握することは、有料版のメリットを最大限享受するために必要なこと。ここではかんたんに、Dropbox無料版とDropbox Plusの違いを紹介します。

無料版Dropbox Plus
容量2 GB1 TB
共有リンク作成、リンクを削除のみパスワード、有効期限設定可
共有フォルダ作成のみ閲覧の権限設定可
遠隔削除×

容量

なによりも、一番大きい差があるのが容量です。無料版では2GBまでしか保存できませんが、Dropbox Plusなら1TB、1000GBまで保存ができます。1TB保存できるとなれば、いわゆるオフィス系のWordやExcel、PowerPointなどのファイル以外にも、写真や動画、音楽などの保存も余裕を持って行うことができます。

共有リンクの設定

Dropboxでは、特定のファイルに自分以外の人がアクセスできるように、共有のためのリンクを作成することができます。

無料版のDropboxの場合、この共有リンク機能について、「リンクを作る」「リンクを削除する」という機能のみが利用可能です。これだけ聞くと、それはそれで十分のように思いますが、セキュリティ上の懸念点があります。それは、共有リンクのアドレスさえ知ってしまえば、想定していない相手でもファイルにアクセスできてしまうということ。厳重に取り扱っていれば漏洩リスクは低減できるとしても少し心配です。

Dropbox Plusでは、共有リンクにパスワードをかけることが可能になっています。パスワードをかけておけば、万が一共有リンクのアドレスが想定していない相手の元に行ってしまったとしても、パスワードがわからない限り開くことはできず、漏洩リスクが激減します。また、共有リンクの有効期限を設定することができるので、作業終了後に、想定していない、ファイルへのアクセスを防げます。

共有ファイルの閲覧権限設定

Dropbox Plusでは、共有フォルダ内のファイルについて、受信者の権限を編集可能か閲覧のみかを選択することができます。多くの人が参照するようなファイルの場合、閲覧権限だけ付与したい、というタイミングも多々あることが想定されます。そんな場面にPlusは応えます。

遠隔削除

Dropbox Plusでは、遠隔操作で特定のデバイス上(例えばパソコンやスマートフォンなど)のDropboxフォルダを削除できる機能です。これはどんな時に重宝するかというと、スマートフォンやタブレット、PCなどを紛失してしまったり、盗難にあってしまった時。誰かの手に渡ってしまったとしても情報の漏洩を防ぐことができます。もちろん、この機能を使ったからといって、Dropboxのサーバーからファイルが消されることはありません。削除対象のデバイスからDropboxフォルダが削除されるのみ。サーバー上にあるファイルはそのまま保存されていて、参照することができます。いざとなった時のセキュリティが強化されているのがポイントです。

ソースネクストで購入、アクティベートする手順

ここからは、ソースネクストでDropbox3年版を購入、有効化するまでの手順を紹介します。

ソースネクストのDropbox Pro販売ページに進む

まずはじめに、ソースネクストのDropbox Pro販売ページに進みます。

ソースネクスト Dropbox販売ページに進む

Dropbox Plus3年版をカートに入れる

Dropbox Plus3年版をカートに入れて購入します。以下赤枠のボタンを押して進んで、決済まで済ませてください。

Dropboxをカートに入れる

ライセンスキーを確認する

購入が終わると、以下の画面が表示されます。ここには重要なライセンスキーが記載されています(ライセンスキーはメールでも送られています。)。赤い部分がライセンスキーです。

ご購入完了画面

Dropboxに移動する

このライセンスキーを使って、Dropboxへの適用をしていくわけですが、はじめてお使いになる方と、すでにアカウントをお持ちの方だと入り口、操作方法が異なります。もうすでにライセンスをお持ちの場合は、先ほどのライセンスキーが表示されている画面の、以下の赤枠部分をクリックします。

購入後Dropboxに進む

Dropboxにログインする

Dropboxにログインしてください。

ライセンスキーを適用させる

ライセンスキーを以下の画面で適用させてください。

ライセンスの適用

以上になります。とてもシンプルな手続きでかんたんです。これだけで、Dropboxがこれまでよりもお得に購入することができます。

月々1,000円のコストって年間にすると12,000円なので、結構馬鹿にならないもの。この点が気になってどうしようと思われていた方、今も使っているけどちょっと経済的な見直しをしたいと思われていた方、ぜひおすすめですので、ご利用になってみてください。

スポンサードリンク