マップカメラでα7の定額買取。買取価格も高く安心でした。

Alpha7ソニーのデジタル一眼カメラα7を購入してから2年弱。NEX-5RというAPS-Cサイズ機からの乗り換えで、フルサイズ機に満足していた私ですが、使っていくうちに、α7の後継機であるα7mk2が欲しくなってきて、購入することにしました。

購入にあたっては、これまで使っていたα7を売却して元手を作ろうと、いくつかの手段を検討。結果的にマップカメラの定額下取りを利用することに決めました。ここでは、マップカメラの定額下取りを選んだ理由と申し込み方法について紹介します。

スポンサードリンク

マップカメラを選んだ理由

マップカメラの買取を選んだ理由は大きく三つあります。

買取価格が高い

マップカメラのα7は買取強化対象になっており、非常に高い買取価格でした。なんとその価格65,000円。他の買取サービスでは、買取上限が65,000円以下の場合も多々あったなか、マップカメラは65,000円と、とても売り手としてリーズナブルなプライスでした。

買取価格

α7が定額買取

マップカメラには定額買取というサービスがあり、ワンプライスで買い取ってくれます。そのため、通常の使用可能な状態であれば買取額が減額される心配がありません。私のα7はところどころに傷があったため、他の買取サービスだと減額。ヤフオクだと入札が入りにくそうに見えていたのでとても助かりました。

私の売却時、ヤフオクではα7の相場が73,000円〜75,000円程度。傷など含めて70,000円で落札となった場合、8.4%の手数料を取られるため、マップカメラの買取を利用した方が手元に残る金額は高くなる計算もできました。

箱がなくても減額無し

マップカメラでは、箱がなくても減額がありません。これは、私が申し込みをする前にマップカメラに問い合わせしたところ「箱がなくても減額の対象にはなりません。インターネット上での申し込みの場合であれば、しっかり傷がつかないように梱包してください。」とのこと。箱を捨ててしまった私にとって、嬉しい部分でした。

マップカメラの下取り申し込みプロセス

ここからはマップカメラの下取り申し込みのプロセスを紹介します。

店頭で申し込み

買取は店頭で受け付けてもらえます。店舗は新宿にあります。以下のリンクより場所はご確認ください。

マップカメラ公式 店舗案内はこちら

マップカメラ

インターネットで申し込み

買取はインターネット上からも可能です。私はインターネット上から買取を依頼しました。
マップカメラ公式サイトはこちら

Mapcamera

マップカメラ以外の買取サービス

マップカメラ以外にも買取サービスは沢山あります。買取を検討されてましたら、マップカメラの買取価格と合わせて比較されると、より納得感のある買取ができると思います。

ソフマップ公式買取サービス

カメラのキタムラ公式買取サービス

カメラ高く売れるドットコム

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク