マップカメラの買取はストラップなしでも査定価格が減額されない?

マップカメラ技術の進化めまぐるしいデジタル一眼カメラの世界。数年に一回はボディを買い換えたい、そのように思われている方、そしてそのようにされている方、多いのではないでしょうか?

カメラの買い替えのタイミングでは、これまで使ってきた一眼カメラを売却して、それを次のカメラの資金にしたいと思うもの。そんな時に見るのが中古カメラ屋のウェブサイトで、カメラを売却したらいくらくらい作れるか試算して、予算を作りに行くことが多いです。

そんな買取の試算をしている時に気になるのが付属品の有無による査定額の減少。買取サービスを利用する時にストラップがない場合、減額されるでしょうか?今回は私が利用したマップカメラで買取に出した際の話をご紹介します。

スポンサードリンク

マップカメラの買取サービスはストラップなしでも減額されない

私がソニーのデジタル一眼カメラαを買取に出す際、ストラップがなかったためマップカメラの買取センターに問い合わせしたのですが、「ストラップは限定品でない限り、現在はなくても査定価格に影響しません。」との回答をいただきました。あくまで現時点では、という注釈付きでの回答となりましたが、現時点(2016年12月10日現在)では、通常の付属品ストラップは、買取時になくても査定価格に影響はしないようです。

マップカメラ以外の買取サービス

マップカメラ以外にも買取サービスは沢山あります。買取を検討されてましたら、マップカメラの買取価格と合わせて比較されると、より納得感のある買取ができると思います。

ソフマップ公式買取サービス

カメラのキタムラ公式買取サービス

カメラ高く売れるドットコム

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク