HP Spectre x360(2017) アッシュブラックのデザインを実機で紹介(13-ae000)

アッシュブラックHPは世界的大手のパソコンメーカー。業務用のPCから個人向けのPCまで幅広く展開しています。ラインナップは家庭で使える大画面ノートからカフェや出先で使えるモバイルノートまで。自分のニーズにはまるものがなにがしかの形である、そんなPCブランドだと思います。

さて、今回はそんなHPの商品群のなかから、ラグジュアリー・モバイルとして位置付けられているHP Spectre x360(2017)のアッシュブラックについて、外観・デザインに絞って紹介いたします。

HP公式 Spectre x360 詳しくはこちら
icon

スポンサードリンク

HP Spectre x360(2017)13-ae000 アッシュブラックの外観・デザインを実機で紹介

外観

まずはじめに外観から。簡単に数枚写真を撮っていますので、ご覧ください。

  • 側面右から
  • x360は直線と鋭角を基本とした洗練したデザインです。

    右から
  • 側面左から
  • 左からももちろん同様です。

    側面左から
  • 背面
  • 非常にシンプル。ロゴは鏡面になっています。

    アッシュブラック
  • 閉じた状態
  • 非常に薄い印象を与えるのが閉じた状態です。

    閉じた状態
  • 背面下
  • Spectreがデザイン的にこだわった部分の一つだと思います。非常に美しいです。

    背面下
  • ディスプレイ
  • 光沢液晶です。そのため反射はします。

    光沢液晶
  • キーボード
  • キーボードもアッシュブラックで構成されています。

    アッシュブラック
  • Bang & Olfsenロゴ
  • Bang & Olfsenロゴは右上にあります。

    B&Oロゴ
  • 接続端子:向かって右
  • USB Type-Cは右側についています。

    USB-C
  • 接続端子:向かって左
  • フルサイズのUSBは左についています。

    左

    2 in 1スタイル 外観

    HP Spectre x360の特長は、2in1ノートPCとして4つのスタイルに変化自在であることです。用途に合わせて自由なスタイルで利用することができます。

    • 通常のスタイル
    • ラップトップ
    • テントスタイル
    • テントスタイル
    • タブレットのスタイル
    • タブレットのスタイル
    • 180度開いたスタイル
    • 180度

    最後に

    今回のHP Spectre x360 (2017)は、Spectreブランドを象徴するようなラグジュアリーで高品質な、持つ喜びの大きいモデル。2 in 1で、様々なシーンで活用できるのも嬉しいところですよね。スペックだけではなかなか比較がしにくくなってきている今、「Spectreがいい!」そう思える要素がたくさんあるモデルだと思います。

    HP Spectre X360 (2017) スペック等も含めた実機レビューはこちら

    スポンサードリンク