iPhoneSE/ iOS15でパスコードを4桁にする方法

maciPhoneSEはご存知の方も多いApple製のスマートフォンです。コストパフォーマンスがポイントです。

さて、今回はそんなiPhoneSEのパスコードについて。iPhoneSE/ iOS15のパスコードは6桁が基本ですが、この6桁を4桁にすることもできます。

ここでは、iPhoneSE/ iOS15でパスコードを4桁にする方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneSE/ iOS15でパスコードを6桁から4桁にする方法

iPhoneSE/ iOS15でパスコードを6桁から4桁にする方法は簡単です。以下の手順でパスコードの桁数を変更することができます。

設定に進む

まずはじめにiPhoneのホーム画面から設定に進みます。

Touch IDとパスコードに進む

Touch IDとパスコード部をタップして進みます。

Touch ID とパスコードに進む

利用中のパスコードを入力する

現在iPhoneSEで利用しているパスコードを入力します。

パスコードを入力する

パスコードを変更に進む

「パスコードを変更」に進みます。

パスコードの変更に進む

利用中のパスコードを入力する

古いコード=現在利用しているパスコードを入力します。

古いコードを入力する

パスコードオプションを押す

以下赤枠の「パスコードオプション」を押します。

パスコードオプションを押す

4桁を指定する

これから使いたいパスコードの4桁を指定します。

4桁のパスコードを入力する

再度入力する

4けたのパスコードを確認する

以上でパスコードの桁数を6桁から4桁に変える方法は完了です。

まとめ

今回は、iPhoneSE/ iOS15でパスコードを4桁にする方法をご紹介してきました。iPhoneのパスコードの6桁は、セキュリティ的にはいいけどずっと使っていくにあたって面倒な点ではあります。ある程度セキュリティリスクを割り切れる方はこの方法で4桁にすることもできますので、ご活用ください。

スポンサードリンク