iPhone 11/ iOS13でコントロールセンターに低電力モードアイコンを追加する方法

iPhoneiPhone11/iPhone11 Proはアップルが提供する定番のスマートフォン。大きいディスプレイにカメラ性能、バッテリー性能、耐水性能などが色々な立場の方から注目されています。

今回はそんなiPhone11/iPhone11 Proについて。ここでは、iPhone11/ iOS13でコントロールセンターに低電力モードアイコンを追加する方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone11/ iOS13でコントロールセンターに低電力モードアイコンを追加する方法

iPhone11/iPhone11 Proでコントロールセンターに低電力モードアイコンを追加する方法は以下の通りです。

iPhone11/iPhone11 Proの設定を開く

まずはじめにホーム画面から設定を開きます。

設定に進む

コントロールセンターの設定に進む

選択肢から、「コントロールセンター」をタップします。

コントロールセンターを押す

コントロールセンターのカスタマイズ設定に進む

選択肢の中から「コントロールをカスタマイズ」をタップします。

コントロールのカスタマイズを押す

コントロールを追加から「低電力モード」を追加する

コントロールを追加の一覧から「低電力モード」を見つけ、低電力モードの左側の「+」を押します。

低電力モードの横のプラスを押す

コントロールセンターに追加される

コントロールセンターに追加されました。

低電力モードがコントロールセンターに入る

最後に

これまでiPhone 11/ iOS13でコントロールセンターに低電力モードアイコンを追加する方法を紹介してきました。低電力モードにするとバッテリーの消費が少なくなり、通常よりも長くiPhoneを利用することができます。「今日は外にいることが長いからバッテリーの消耗が不安だ」といったときには低電力モードにすることがおすすめです。コントロールセンターに低電力モードに切り替えられるアイコンが入っていると、そんな時に便利。ぜひコントロールセンターに配置してみてください。

スポンサードリンク