iPhone8を紛失時 遠隔でロックをかける方法

iPhoneAppleが展開するiPhoneシリーズは発表、発売になるたびにニュースになるくらいみんなが注目する存在です。その最新機種のiPhone8はiPhone7の良いところを継承し細かい点をアップグレード。結果的に非常に使いやすい端末に仕上がっています。

さて、今回はそんなiPhone8について。

iPhone8には紛失時のために、iCloudからiPhoneを遠隔でロックできる機能があります。スマートフォンには個人情報が沢山入っていますから、紛失に気がついたら即座にロックしておきたいもの。ここでは、iPhone8に遠隔操作でロックをかける方法を紹介します。

スポンサードリンク

あらかじめ必要な設定と環境

iPhone8に遠隔ロックをかけるためには、事前に「iPhoneを探す」を設定しておく必要があります。以下のフローで設定できます。

設定に進む

まずはじめにiPhoneのホーム画面から設定に進みます。

設定に進む

アカウント設定に進む

一番上段のアカウント情報を押して、アカウントの設定に進みます。

アカウントの設定に進む

iPhoneを探すに進む

「iPhoneを探す」を選択します。

iPhoneを探すに進む

iPhoneを探すをオンにする

以下の画面になるので、「iPhoneを探す」を「ON」にします。

iPhoneを探すをオンにする

以上であらかじめ必要な「iPhoneを探す」の設定は終了です。

iPhoneを探すための環境

iPhoneを探すには上記の設定を含め、以下の環境が必要です。

・「iPhoneを探す」設定がされている
・Wi-Fi、3G、4G、LTEなどに接続されている。
・位置情報サービスがONになっている

iPhoneを遠隔ロックする

iCloudにサインイン

iCloud

まずはじめにiCloudのページでApple IDとパスワードを入力しサインイン。その後「iPhoneを探す」を選択します。

iCloudへ進む

遠隔操作したいiPhoneを選択する

画面中央の上のほうにある「全てのデバイス」をクリックし、遠隔ロックをかけたいデバイスを選択します。

全てのデバイスから選ぶ

「紛失モード」をクリックする

選択したiPhoneを遠隔操作するための画面が出てくるので、「紛失モード」をクリックします。合わせてこの画面で充電残量を確認しておくと急ぐべきか判断できます。

紛失モード

連絡先電話番号を入力する

その次は、連絡先となる電話番号の入力します。もちろん、紛失中のiPhoneの電話番号は使用できません。入力したら「次へ」をクリックしてください。

電話番号を入力する

メッセージを入力する

iPhoneのロック画面に表示されるメッセージを作成します。見つけて拾ってくれた方へのメッセージになります。

メッセージを入力する

メッセージの入力が完了すると同時に、紛失中のiPhoneにはこのような表示が出るようになっています。

iPhoneの紛失モード時

以上で遠隔でロックをかけるフローは完了です。iPhone8を万が一紛失してしまったとしても、遠隔でロックが早い段階でできれば、iPhoneに入った情報をもとに悪用される可能性は低下します。万が一のため、と思って事前に「iPhoneを探す」の設定だけでもしておいていただければと思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク