IdeaPad Flex 550i 14型を実機でレビュー|コスパの優れた2 in 1ノートを徹底解説

ideapad flex 550Lenovoは世界的に有名な大手パソコンメーカー。国内では企業向けPCのシェアが高く、会社勤めの方には馴染みが深いと思いますが、個人向けのPCも幅広く展開しています。ラインナップは家庭で使える大画面ノートからカフェや出先で使えるモバイルノートまで。自分のニーズにはまるものがなにがしかの形である、そんなPCブランドだと思います。

さて、そんなレノボのideapadシリーズは、コストパフォーマンスに優れたラインナップを展開するブランドで、価格帯が手頃なのが魅力のシリーズです。そして、その中でも人気が高いのが今回ご紹介するIdeaPad Flex 550i 14型です。サイズが14型とちょうど良く、パフォーマンスと価格のバランスが最高の1機種です。

ぜひこちらの記事で概要をご確認ください。

レノボ公式IdeaPad Flex 550i 14型 詳しくはこちら

スポンサードリンク

IdeaPad Flex 550i 14型|超高コスパの14型ノートPCを徹底解説

レノボが展開するideapadブランドの中で、IdeaPad Flex 550i 14型はフレキシブルに変形できる2 in1 PC。大きさも標準的で取り扱いやすく、さまざまな環境下で便利に使用することができます。

ここから詳しく説明していきたいと思います。

IdeaPad Flex 550i 14型のスペック

Intel製のCPUモデル

項目 スペック
OS Windows 11 Home/ Pro
CPU Core i3-1115G4 / Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7
ストレージ SSD:256GB / 512GB
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
グラフィックチップ インテル UHD グラフィックス / インテル Iris Xeグラフィックス
液晶 14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080) IPS
光学ドライブ なし
バッテリー 最大12.4時間
サイズ 約 321.5×217.5×17.9mm
重さ(バッテリー含む) 約1.5kg
価格(税込)
2022年5月1日現在
66,847円〜

レノボ公式IdeaPad Flex 550i 14型 詳しくはこちら

2 in 1 ならではの多彩なモード

IdeaPad Flex 550i 14型は、2 in 1 モデルとして、4つのモードで筐体を変化させることができます。360度回転ヒンジが採用されていて、タブレットとしても利用できますし、テントのように立てて、画面を通常のノートPCよりも近づけて操作することもできます。

通常の業務・作業時は以下のようなクラムシェル型で利用して、生産性を向上させていくのがおすすめです。

新幹線や飛行機などで移動する際はテント型にして座席のテーブルに置いて動画を楽しめます。

クリエイティブな作業をしたり、自宅でゆっくりウェブブラウジングを楽しみたい時はタブレットモードにしたり

用途に合わせて最適な形にして扱えるのがIdeaPad Flex 550i 14型の嬉しいところです。

また、IdeaPad Flex 550i 14型は180度開くこともできます。

これは自分の好みの位置までしっかり画面を傾けることができるというメリットはもちろんですが、複数人で一緒に作業したり議論する際に非常に便利です。例えば、テーブルの上で180度開いておくと画面を共有しながらタイピングもできて、プロジェクターなしでもPC内の資料をベースにミーティングができるようになります。

コストパフォーマンス

IdeaPad Flex 550i 14型のポイントは高コストパフォーマンスだということです。もともとIdeaPadは、Lenovoの中で購入しやすい価格帯で展開されているシリーズですが、14型のメインラインでその特徴を強く示しています。実際、上でご紹介したスペック表の通り、もっとも安い価格は66,847円(税込)です。

第11世代のIntel Coreプロセッサーを搭載可能

IdeaPad Flex 550i 14型は第11世代のIntel Coreプロセッサーを搭載できます。

CPUは常に進化をし続けていて、昨今はCore i3でも十分(一般的な)やりたいことはこなせると言われることも多いですが、IdeaPad Flex 550i 14型で選択できるCore i5-1135G7とCore i7-1165G7はノートPC向けの高性能CPUで、このどちらかを選択しておけばビジネス用途でも問題なく活用できると思います。

豊富な入力端子類

>IdeaPad Flex 550i 14型は必要十分な入力ポートを備えています。例えばUSB Type-Cが1つ、フルサイズのUSBポートが2つ付いています。HDMIもついています。これだけあればまず入力端子に困ることはありません。

IdeaPad Flex 550i 14型を右から見た側面

IdeaPad Flex 550iの右側にはフルサイズのUSB2つとSDカードリーダーがついています。

IdeaPad Flex 550i 14型を左から見た側面

左側には、USB-CとHDMIがついています。

十分なバッテリー駆動時間と急速充電

IdeaPad Flex 550i 14型は14.0型のため「家でも使いたいし、外出先でも使いたい」という方が多いと思います。そんなPC選びで気になるのがバッテリーの持ち時間です。IdeaPad Flex 550i 14型は最大で約12.4時間のバッテリー駆動。もちろん、PCのバッテリーは使っていくうちに消耗しますから、この通りにはいきませんが、初期の仕様の段階でできる限りバッテリー性能が良いものを選ぶのが安心です。

考慮されたプライバシーシャッター

ここ数年でPCを使ってリモート会議する機会が増えたと思いますが、その際にうっかりしがちなのがカメラ。意図せずカメラをオンにしていた経験がある方もいらっしゃるはず。そんな「意図せずカメラオン」を防ぐためにIdeaPad Flex 550iではカメラに物理的なシャッターをつけています。以下の画像の通り、手動でカメラをオフにしておけば、うっかりカメラがオンになっていた、という心配を防げます。

IdeaPad Flex 550i 14型おすすめ構成

IdeaPad Flex 550i 14型はレノボの公式直販サイトで購入できます。

これがあればほぼ十分。編集や大きなの処理をPCで行う方向け(特におすすめ)

ExcelやAccessを使って多くのデータを加工、抽出をされる方や、動画、静止画を日常的に編集される方には、第11世代世代のCore i5搭載モデルをお勧めします。こちらは、IdeaPad Flex 550i 14型の「製品番号:82HS00Y1JP」モデルです。※カスタムしていません。

項目 スペック
プロセッサー インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー (2.4GHz 8MB)
初期導入OS Windows 11 Home 64 bit
ディスプレイ 14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢あり, マルチタッチパネル, 45%NTSC, 250 nit, LEDバックライト
メモリー 8 GB DDR4-3200MHz (オンボード)
ストレージ1  512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
標準保証 1 年間 引き取り修理
電源アダプター 65W
Office ソフトウェア なし
グラフィックス CPU内蔵 (インテル® Iris Xe グラフィックス)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー
Bluetooth Bluetooth
内蔵カメラ 720p HDカメラ (プライバシーシャッター付)
指紋センサー 指紋センサー
キーボード バックライト付 – 日本語
ポインティングデバイス タッチパッド + ペン (製品仕様書に記載される名称のPenが同梱されます)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n (Wi-Fi準拠) 2×2
価格(2022年月5月1日現在・税込) 75,900円
この構成に追加したいスペック・アクセサリーの選択肢
今回のモデルは日常でウェブ閲覧等に使うなら十分。ではその他拡張機能としてどのようなものが必要でしょうか?

・マウス
現在のパッケージにはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

・Microsoft Office
上記でご紹介した構成にはMicrosoft Office(WordやExcelなど)が入っていません。Microsoft OfficeはPCと同時に購入の方がお得な値段で購入できますので、ご購入予定でしたら追加していただいた方が良いと思います。

・DVD/BDドライブ
IdeaPad Flex 550iには光学ドライブを搭載していません。最近DVD/BDを使うこと自体少なくはなっていますが、必要があれば追加で購入いただく必要があります。

性能は必要十分でOK。インターネットやオフィスの基本作業向け

IdeaPad Flex 550i 14型を使う用途がWebサイトの閲覧やメール、SNSの閲覧などで、WordやExcelも基本的な作業ばかりということでしたらCore i3の低価格構成のスタンダードパッケージで十分だと思います。一方で、動画の編集やExcelでマクロを組んだりするような作業をされるのでしたら、少なくとも第11世代のCore i5以上の構成をお選びいただければと思います。

以下の構成は、Core i3の「Lenovo IdeaPad Flex 550i – プラチナグレー」になります。ただ、追加で1万円予算を確保できるのであれば、先ほど説明したCore i5モデルがおすすめです。

項目 スペック
プロセッサー インテル® Core™ i3-1115G4 プロセッサー (3.00 GHz 最大 4.10 GHz)
初期導入OS Windows 11 Home 64 bit
ディスプレイ 14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢あり, マルチタッチパネル, 45%NTSC, 250 nit, LEDバックライト
メモリー 8 GB DDR4-3200MHz (オンボード)
ストレージ1  256 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
標準保証 1 年間 引き取り修理
電源アダプター 65W
Office ソフトウェア なし
グラフィックス CCPU内蔵 (インテル® UHD グラフィックス)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー
Bluetooth Bluetooth
内蔵カメラ 720p HDカメラ (プライバシーシャッター付)
指紋センサー 指紋センサー
キーボード バックライト付 – 日本語
ポインティングデバイス タッチパッド + ペン (製品仕様書に記載される名称のPenが同梱されます)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n (Wi-Fi準拠) 2×2
価格(2022年月5月1日現在・税込) 66,847円
この構成に追加したいスペック・アクセサリーの選択肢
今回のモデルは日常でウェブ閲覧等に使うなら十分。ではその他拡張機能としてどのようなものが必要でしょうか?

・マウス
現在のパッケージにはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

・Microsoft Office
上記でご紹介した構成にはMicrosoft Office(WordやExcelなど)が入っていません。Microsoft OfficeはPCと同時に購入の方がお得な値段で購入できますので、ご購入予定でしたら追加していただいた方が良いと思います。

・DVD/BDドライブ
IdeaPad Flex 550iには光学ドライブを搭載していません。最近DVD/BDを使うこと自体少なくはなっていますが、必要があれば追加で購入いただく必要があります。

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

以下の赤枠の部分にクーポンコードはありますので、ご確認ください。

WEBクーポン限定特価も

レノボ・ショッピングでは、商品詳細ページに記載されているクーポンよりも安く購入できるお得なクーポンを、以下のページに出していることがあります。こちらもご確認になってください。こちらの方が割引率が高ければ、こちらのクーポン番号をお会計の時にお使いください。

まとめ

IdeaPad Flex 550i 14型はIdeaPadシリーズのなかで14型の2in1という、王道でありもっともコストパフォーマンスが発揮されたモバイルも可能なノートパソコンです。

この記事ではいくつかおすすめをご紹介しましたが、Corei5で構成したモデルはまさに万能マシン。これをご購入いただけばストレスなく大抵のことはこなせると思います。Corei3で構成したモデルは、PCをライトに使う人のモデルです。利用用途に合わせて、ここから選んでいただいたり、これを軸にカスタマイズしていただければと思います。

お買い物の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク