ThinkCentre M720s Small |使いやすさを向上したスモールデスクトップを徹底解説

smallレノボはご存知の方も多い、業界大手のパソコンメーカーです。The Best Laptop Brands of 2017に選ばれるくらい評判が良く、幅広い層から支持され続けています。

そんなレノボが展開するThinkCentreシリーズは、ThinkPadと並び信頼の厚いブランドで根強い人気を保っています。今回はそんなThinkCentreからスリムなデスクトップPC ThinkCentre M720s Smallを紹介いたします。

レノボ公式 ThinkCentre M720s Small 詳細はこちら

スポンサードリンク

ThinkCentre M720s Small |使いやすさを向上したスモールデスクトップを徹底解説

斜めレノボのThinkCentreシリーズは、エンタープライズ対応として、高い安全性と信頼性を確保した製品群。ThinkCentre M720s Smallは商品名にもある通りスモールな省スペースデスクトップPCとしてラインナップされています。

価格帯的には、Core i5モデルで他ブランドのモニターと合わせて11万円以下の組み合わせが可能なレベル。例えばそれはDellの廉価モニターの23.8inchとの組み合わせなどです。Amazonで購入すればかなり抑えた価格で購入できます。

さてここからはThinkCentre M720s Smallの特徴を紹介していきます。

ThinkCentre M720t Mini-Towerのスペック

項目 スペック
OS Windows 10 Home/ Windows 10 Pro
CPU Core i3-8100/ Core i3-8300
Corei5-8400/ Corei5-8500/ Corei5-8600
Corei7-8700
ストレージ HDD:500GB/ 1TB/ 2TB
SSD:125GB/256GB/
デュアルドライブ構成可能
メモリ 4GB/ 8GB/ 16GB/ 32GB/ 48GB/ 64GB
グラフィックチップ 内蔵グラフィックスカード
光学ドライブ DVD-ROM/DVDスーパーマルチ
サイズ 約89×290.5x340mm
重さ 6.kg
価格(税込)
2018年6月15日現在
68,796円〜

魅力は小さいサイズ感

正面ディスプレイPCを検討するにあたってデスクトップPCはコストパフォーマンスもよく、選びたい選択肢の一つではあるものの、筐体が大きくて断念んしていた方も多いと思います。

ThinkCentre M720s Smallは、同等のタワー型のデスクトップPCよりも小さく(具体的には本体寸法:約 89×290.5x340mm)で、省スペースで設置できるので、これまでのように大きなスペースが必要ありません。

これまでデスクトップをご利用になっていた方なら、デスクの上が広くなり、他の作業がしやすくなる分効率が上がります。

第8世代インテルCoreプロセッサー搭載


ThinkCentre M720s Smallは第8世代のインテルCoreプロセッサーを搭載しています。第8世代のインテルCoreプロセッサーは、前世代モデルと比較して、パフォーマンスや省電力性が大幅に向上しています。ThinkCentre M720s Smallの基本構成となるCPUスペックの「Core i3-8100」でも、複雑な処理をしないExcel処理やブラウジング、Outlookでメール処理などは快適です。

前面に充実した入力ポート

入力ポートThinkCentre M720s Smallは筐体がスリムなことが売りな分、インターフェース、端子が少ないのではないかと不安に思われる方もいらっしゃると思います。ThinkCentre M720s Smallは、前面にフルサイズのUSB3.1を3つ、USB-Type Cを1つ。背面にUSB2.0を4つ搭載しています。ですので、様々なデバイスをUSBを通して接続して、データのやりとりをすることができます。

キーボードでパワーオン

ThinkCentre M720s Smallはキーボード・パワーオンを採用し、キーボードの「Alt + P」で起動が行えます。これによって、デスク下や専用ケースなどの電源ボタンが押しにくい場所にも自由に本体を設置することができます。

ThinkCentre M720s Smallのおすすめ構成

ThinkCentre M720s Smallはレノボの公式直販サイト「レノボ ショッピング」で仕様をカスタマイズすることができます。ここからは用途に合わせたオススメ構成をご紹介します。

メインマシンのとして作業を多くされる方向け

ThinkCentre M720s Smallをご購入になる方は、ご自宅、もしくはオフィスでしっかり作業をされたい方が多いと思います。画像編集などクリエイティブな作業もされるようでしたら、現在レノボショッピングで販売しているThinkCentre M720s Smallのパフォーマンスパッケージをおすすめします。非常にパフォーマンスに優れ、バランスが良い構成です。

選択項目
CPU インテル Core i5-8400 プロセッサー (2.80GHz, 9MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
導入OS言語 Windows 10 Home 64bit – 日本語版/英語版選択可能
Microsoft Productivity Software なし
フォームファクター スモール型 180W 85%
メモリー 8GB PC4-21333 DDR4 UDIMM
1st グラフィックカード 内蔵グラフィックスカード
ディスプレイサポート なし
1st ディスプレイサポート なし
2nd ディスプレイサポート なし
1st ハード・ディスク・ドライブ 500GB ハードディスクドライブ 7200rpm 3.5インチ SATA
2nd ハード・ディスク・ドライブ ハードディスクドライブなし
M.2 ストレージ・カード なし
1st オプティカル・ドライブ ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
イーサネット 内蔵ギガビットイーサネット
ワイヤレスLAN / Bluetooth なし
メディアカードリーダー メディアカードリーダー
キーボード USB フルサイズ キーボード – 日本語
マウス USB Calliopeマウス ブラック
ケーブルロック ケーブルロックなし
パラレルポート なし
PS2 Port Cable なし
背面シリアルポート なし
USB Card なし
ダスト・シールド なし
シャーシ イントルージョン スウィッチ シャーシイントルージョンスイッチなし
スピーカー 内部スピーカー
本体スタンド バーティカルスタンド
TUV Low Noise Certificate なし
Enterprise Ready Preload なし
標準保守 1年間 翌営業日出張修理
価格 91,476円(クーポン適用後:2018年6月15日現在)
この構成からのカスタマイズの選択肢

前述もいたしましたが、この仕様で大抵のことはこなせると思います。その前提の上で、いくつか追加・削除するならこのスペック、というものを紹介します。

・ハードディスク
現在のThinkCentre M720s Smallパフォーマンスパッケージでは、ハードディスクは500GBが選択されています。容量的には十分だと思いますが、SSDも選択することが可能です。より速いマシンにされたいようでしたら、SSDに変更いただければと思います。

・ワイヤレスLAN
現在のThinkCentre M720s Small パフォーマンスパッケージではワイヤレスLANが選択されていません。このままの場合、インターネットに接続する際はLANケーブルを接続する必要があります。ノートパソコンのようにワイヤレスでインターネットを楽しみたい方は、ワイヤレスLANを「インテル Dual Band Wireless-AC 3165(1×1) + Bluetooth 4.0 High Profile」で選択してください。

・キーボード
このパッケージにはキーボードやマウスがついていますが、現在使用中のものがあれば使用することもできます。選択肢から外せばその分購入金額も下がりますので不要であれば、選択から外していきましょう。

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

以下の赤枠の部分にクーポンコードはありますので、ご確認ください。

クーポン

WEBクーポン限定特価も

レノボ・ショッピングでは、商品詳細ページに記載されているクーポンよりも安く購入できるお得なクーポンを、以下のページに出していることがあります。こちらもご確認になってください。こちらの方が割引率が高ければ、こちらのクーポン番号をお会計の時にお使いください。

スポンサードリンク