[email protected]アカウント申請時の注意点 | ホームページに必要情報はしっかり載せよう

新社会人店舗や情報発信する方のためのサービスとしてスタートした[email protected][email protected]には二種類の「一般アカウント」と「認証済アカウント」がありますが、やっぱり認証済アカウントがおすすめです。認証済アカウントにすると、ユーザーがLINE公式アプリからアカウントを探すことができるため、友だちを増やすのに効果的だからです。

さて、今回はそんな[email protected]の申請時の注意点について。認証済アカウントを申請する際には、ホームページに必要な情報をしっかり載せましょう。載せないと、審査に落ちてしまいます。

スポンサードリンク

ホームページに必要情報はしっかり載せよう

筆記用具[email protected]の認証済アカウントを申請するときは、ホームページに必要な情報はしっかり載せましょう。

例えば店舗の場合、住所、電話番号、サービス概要など。[email protected]の申請の際に記載した情報が真であるかわかるページを設けておく必要があります。また、これらのホームページは、実際に外部の一般回線から見れる必要があり、たとえば「来月オープンだからまだウェブサイトに上がっていない」という状態では審査に落ちてしまいます。

※実際私もウェブサイトに上がっていない状態で審査にかけたところ、ページがないとのことで却下されました。

[email protected]を申請するときは、必ず必要情報を「本番環境」のウェブサイトにアップした状態で申請しましょう。二度手間はもったいないですからね。

[email protected]アカウントの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク