MacBookProにUSB-Cハブを接続後WiFiにつながらない場合の解決策

MacAppleのPCブランドであるMac。Macは持っていて嬉しくなる洗練された優美なデザインと直感的なインターフェースが魅力ですよね。

今回はそんなMacのうちの、MacBookについて。

MacBookにUSB-Cハブを繋げたらWiFiに接続できなくなってしまったという方の話をよく聞きますので、こちらに解決策を綴っておこうと思います。WiFi繋がらなくて困っている、そんな方の手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク

MacBookにUSB-Cハブを接続後WiFiに接続できない場合の解決策

MacにUSB-Cタイプハブを接続してWiFiに接続できなくなった時は、2.4GHz帯で干渉が起こっている可能性が考えられます。ここからは具体的な対処法を記していきます。

MacBookからUSB-Cハブを遠ざける

USB-Cハブのケーブルが長い場合は、Macからできる限り離してハブをおいてください。また、USB-Cハブを置く位置については、Macの背後やディスプレイのヒンジ近くは避けてください。Macのアンテナがあり渉しやすくなるためです。

アンテナから離れたUSB-Cポートを使う

USB-CハブをMacの左側手前のポート、または右側のポートに差し込んでください。比較的干渉の可能性が少なくなります。というのも、これらのポートはアンテナからの距離が離れているためです。

5GHz帯の無線LANルーターを使う

以前に販売されていたBaffaloやエレコムの無線LANルーターは、2.4GHz帯を使ったものばかりでしたが、現在は、他と干渉の少ない5GHz帯を利用できる無線LANルーターが増えています。5GHz帯を使えばまず干渉しませんから、しっかり解決していきたいのであれば、新しく5GHz帯の無線LANルーターを購入することをお勧めします。

5GHz帯対応の無線LANルーター

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク