MacでOSを初期化する方法

MacMacはご存知Apple社が提供するPCブランド。シンプルで無駄のない洗練されたデザインと直感的なデザインが魅力で、多くのユーザーが支持しています。

今回はそんなMacの使い方について。Macに不具合が出たときや、Macを起動した時に禁止マークが出たとき、Macを人に譲るときは、Macの初期化が必要です。ここでは、どのようにすればMacの初期化を行えるのか、ステップを追って紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

Macの初期化の前にやっておくべき準備

まずはMacの初期化に入る前にやっておくべき準備事項を以下に紹介します。

iTunesの認証を解除する

iTunesを起動する

LauncherからiTunesのアイコンを押してiTunesを起動します。

itunesを立ち上げる

アカウントを押す

画面上部の「アカウント」を押します。

アカウントを押す

コンピュータの認証を解除

「アカウント」を押した後に表示された「このコンピュータの認証を解除」を押せばiTunesの認証が解除されます。

アカウントを解除

iCloudのMacを探すをオフにしてサインアウト

iCloudのMacを探すをオフにして、その上でサインアウトします。

システム環境設定に進む

Launcherから「システム環境設定」アイコンを押して、システム環境設定に進みます。

システム環境設定に進む

iCloudに進む

iCloudのアイコンを押してiCloudに進みます。

iCloudに進む

Macを探すのチェックを外す

「Macを探す」のチェックを外します。

Macを探すをとる

サインアウトする

左下の「サインアウト」を押してサインアウトします。

サインアウトする

メッセージアプリのサインアウト

メッセージアプリからサインアウトします。

メッセージを立ち上げる

メッセージアプリをアイコンから立ち上げます。

メッセージアプリを立ち上げる

メッセージをクリック

「メッセージ」をクリックします。

メッセージを押す

環境設定に進む

「メッセージ」クリック後に表示される選択肢から「環境設定」を選びます。

環境設定を選ぶ

アカウントをクリックする

「アカウント」をクリックします。

アカウントをクリックする

iMessageのアカウントからサインアウトする

iMessageのアカウントを選択後、サインアウトします。

サインアウトする

データのバックアップを取る

PCのデータをTime Machineを使ったり、その他の外部ストレージなどを活用しながらバックアップします。

以上でMacの初期化までに必要なフローは完了です。ここから初期化の作業に入っていきます。

Macの電源を切る

Macの電源を切ります。

command + R を押しながら起動

commandキーとRキーを押しながらMacの電源をオンにします。OS X ユーティリティが始まります。

ディスクユーティリティを選ぶ

ディスクユーティリティを選びます。

消去

初期化するドライブをせんたくしたうえでディスクユーティリティ上方の「消去」を押します。

OS拡張(ジャーリング)を選ぶ

OS拡張(ジャーリング)を選びます。

完了をクリックする

ハードディスクの消去が終わったら「完了」をクリックします。

ディスクユーティリティを閉じる

左側のウィンドウを閉じるマークをクリックし、通常のウィンドウを閉じる作業と同様にディスクユーティリティを閉じます。閉じると「OS X ユーティリティ」に戻ります。

OS Xのインストールを行う

OS Xのインストールに進み、後続作業も画面の通りに進みます。

以上になります。Macを譲渡するときには必ずやっておきたいMacの初期化。これまでご紹介した方法でMacの譲渡に関してのデータ削除フローは完了ですので、ぜひご活用ください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク