月額利用料金が安いレンタルサーバーから自分に合ったものを見つける方法

サーバーレンタルサーバーを利用しようと思い検討されている多くの方は、これからブログやウェブサイトの運営を始めようとされているのではないでしょうか?

ブログやウェブサイトを始める際は、それらの運営から収入があるわけではないため、出来る限りコストを抑えて負担なく運営したいとお思いになると思います。

その判断は正しいと思っていて、はじめから月額1,000円程度のエックスサーバーを借りれればもちろんベストですが、500円程度のレンタルサーバーの利用からスタートして様子を見るのも正しいですし、ブログを続ける上で負担が少ないことは大切なことだと思っています。

実際私も、はじめてのレンタルサーバーは格安のロリポップ。ロリポップの数百円のプランでレンタルサーバーを利用し、サイトの規模が大きくなってきたタイミングでエックスサーバーに乗り換えました。はじめに格安レンタルサーバーを選ぶと、気軽でプレッシャー無くブログ・ウェブサイトを長く運営できる、そんなメリットがあると思います。

さて、そんな手軽な、月額利用料金の安いレンタルサーバーを選ぶときはどこを注意してみれば良いでしょうか?

ここでは月額利用料が安いレンタルサーバーの中から自分にあったレンタルサーバーを探す方法を紹介します。

自分にあったレンタルサーバーを見つけるポイント

月額利用料が低いレンタルサーバーから自分にあったもの見つけるには、以下の点を考慮していきます。選ぶ上では複数のポイントを加味する必要がありますので、それぞれ確認していただいた上で「私にとってはこれが重要そう」というものに優先順位をつけてレンタルサーバーを選定していってください。

月額費用


まずはじめは何と言っても月額費用です。月額利用料が安いといっても100円台のものから500円程度のものまでさまざま。月額費用を考えて「これくらいなら出せそうかな?」と思えるラインをあらかじめ引いておくと、レンタルサーバー選びが一気に進みます。

もちろん、検討しながら予算が広がるのはOK。まずはラインを決めることで検討する幅が狭まるので、そこから色々考えることができます。

なによりポイントは、「できる限り無理のないブログ運営ができる範囲の価格を選ぶこと」。安い価格の中から選ぶとはいえ、ここはそのなかでもしっかり抑えておきたいポイントです。

初期費用


月額費用の他に、コストという面で見なければならないのが初期費用です。初期費用は月額費用の数カ月分に当たる場合もあり、意外と見逃せないポイント。はじめてのブログ、ウェブサイト運営でしたら月額費用と初期費用をもとに、1年間のコストを出してみるのもおすすめです。

WordPressの利用可否

ノート
ブログやウェブサイトをはじめようとしたときに、まっさきに選択肢として上がるのがWordPress。無料ブログサービス、たとえばAmebaブログやライブドアブログ、はてなブログなどでは実現できない自由なデザインが実現できたり、独自のドメインで運営できたりするので人気があります。

そんなWordPressを利用するにはPHP、MySQLが利用可能なことが条件です。月額利用料が安いレンタルサーバーだと、PHPやMySQLが使えないものもありますので、ここはしっかり注意して見ていきたいところです。

設定の簡便さ

Mac

hand using laptop computer on top view

月額利用料金が安いサーバーを検討されている方は、まさにこれからブログやウェブサイトをはじめて作ろうとされているはず。そんなシチュエーションでは、サーバーの設定が簡単かも確認する項目の一つにおきたいところ。

サーバーの設定方法次第では、なかなか設定に時間がかかってしまい、レンタルサーバーの設定のみで1日かかってしまうこともありますから、設定が簡単なレンタルサーバーを選ぶことをお勧めします。サイト運営をしようとする身のほとんどは、サーバーの設定よりも、サイトの中身に注力したいはず。そちらに余力を向けるのが正しい姿だと思います。

その他、ウェブサービス以外にも、メール設定やドメイン取得など、設定する必要があるものが多くあります。レンタルサーバーを比較する場合には、事前に設定方法などもチェックしておくことをおすすめします。

サポート体制がしっかりしているか?

パワーポイント
レンタルサーバーのサポート体制がしっかりしているかも確認したいポイントです。トラブルの時や、わからないことがあった時に、レンタルサーバー提供企業と連絡がつきやすいとアドバイスが適宜もらえて安心。例えば電話でもメールでもサポートを受けられるサービスを選んでおくことをおすすめします。

ここからは、低価格帯でオススメのレンタルサーバーを紹介します。

さくらインターネット/スタンダードプラン

さくらインターネット
レンタルサーバー老舗のさくらインターネットが提供するレンタルサーバーです。

国内のレンタルサーバーというと、最初にさくらのレンタルサーバーを思いつく人も多くいるでしょう。それくらい定番のレンタルサーバーです。さくらのレンタルサーバーは一番やすいものだと月額129円〜ありますが、おすすめはスタンダードプラン。

スタンダードプランの場合には、20個までのデータベース、転送量は1日あたり80GB、100GBのディスク容量、サーバーは18GBのメモリー、電話サポートありというサービス内容になっていて、必要な機能を一通り揃えた上で月額500円(税抜)の利用料金で運営することができます。非常にコストパフォーマンスが高いです。

それぞれの機能や容量は月額料金が1,000円程度のレンタルサーバーに比べると見劣りしますが、これからブログやウェブサイトをはじめる、もしくは始めているけど小規模で起動に乗る前、という方には問題ありません。

例えば容量は100GBですが、100GBもあればある程度の規模までは問題無し。MySQLも20個までですが、20個のサイトを運営する方はほんの一部ですので、必要十分は備えていると思います。

なお、十分に転送量もあり、アクセス数が多いウエブサイトを運営するのにも安心。所感では、ディスクス容量はそれほどないが、転送量と処理スピードは重要視するというイメージです。2週間の無料体験ができる期間もありますので、試しに使ってみるのも手だと思います。

月額費用初期費用容量転送量/日
 515円(税抜)〜1,029円(税抜) 100GB 80GB
マルチドメインMySQLサポート稼働率
20個 20個電話・メール 99.99%以上 

ロリポップ/ライトプラン( 500円)

ロリポップ
ロリポップは手軽にウェブサイトやブログをはじめるのにオススメのレンタルサーバーです。

月額250円という手頃な月額利用料ながら、PHPも利用でき、そしてMySQLも1個利用できるため、WordPressを使ったブログ、ウェブサイト運営が可能です。WordPressの簡単インストール機能もあるため、初めての方でもファイルアップロードやデータベース設定に手間をかけることなくWordPressを使い始めることができます。

「まずは一つのサイトをWordPressで作ってみたい!」という方向きでおすすめです。バックアップは有料です。

月額費用初期費用容量転送量/日
 250円(税抜)〜1,500円(税抜) 50GB 60GB
マルチドメインMySQLサポート稼働率
50個 1個メール・チャット 99.99%

バリューサーバー/スタンダードプラン(500円)

バリューサーバー
バリューサーバーはGMO Digirockが提供するレンタルサーバーです。

バリューサーバーは月額167円(税抜)〜の低価格帯からプランを用意していますが、おすすめはスタンダードプランです。バリューサーバーのスタンダードプランは、月額利用料金が334円〜で、100GBのディスク容量、無制限のマルチドメイン、無制限のMySQLを利用することができます。

このようなスペックを見ると上級者向けかというとそうではなく、比較的初心者から中級者向けといったところで、分からないことがあれば、サポートがメールで解決するまで行ってくれるためおすすめです。

なにより費用を節約したく、大量にワードプレスを使用するサイトを制作したい場合にはバリューサーバーがおすすめです。

月額費用初期費用容量転送量/日
 334円(税抜)〜2,000円(税抜) 100GB 
マルチドメインMySQLサポート稼働率
無制限無制限メール  
スポンサードリンク