乗り換え?継続?サーバー更新月に考えるべき3つのポイント

サーバーレンタルサーバーの更新どうしよう?こんな悩みをを持つのはきっとレンタルサーバーの更新月。

いまのままでいいの?乗り換えた方がお得?もっとパフォーマンスがいいのにすべき?

ここでは、レンタルサーバーを継続するか、乗り換えるかを考えるための3つのポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

レンタルサーバー更新月に考えるべき3つのポイント

機能や容量が目的に適しているか?

ノートレンタルサーバーを更新する場合には、レンタルサーバーの機能やディスク容量が利用する目的に適しているかを確認します。 機能数やディクス容量が多くなると、料金も当然高くなってきます。 しかし、一般的な規模がそれほど大きくないホームページ(個人のブログなど)の場合には、それほどディスク容量は必要ありません。

たとえば、1つのホームページだけ運用しているのに、複数のドメインでホームページが開設できる「マルチドメイン」の利用が無制限にできるレンタルサーバーを契約していてもお金の無駄。しかし、結構そういった方、多いんです。このような契約をしていたことに気づいた場合は、現在契約しているレンタルサーバーのプランのグレードを落とすことや、他社のレンタルサーバーで適切なものに乗り換えることを検討して良いと思います。

一方で、機能という側面で、レンタルサーバー提供会社ごとに持っているユニークなものがあったりします。たとえば、ホームページ制作系で人気のツールだったり、高い機能性のある問合せフォームを制作ツールだったり。このような機能が必要であれば、それらを提供できるレンタルサーバーを利用することが必要です。現在のレンタルサーバー提供会社が持つ機能に不満があれば、それを軸に他社のレンタルサーバーの仕様を確認しにいきましょう。

このように、レンタルサーバーを更新する場合には、レンタルサーバーの機能や容量が運用するものに適しているか再度見直ししましょう。

適切な料金か?

事務用品などレンタルサーバーを更新する場合には、適切な料金かを確認します。適切とは「サービスに対して適切な料金か」という側面と「自分の出費として適切か」という二つの側面から見ていきましょう。

レンタルサーバーを使う場合には、イニシャルコストだけでなく、月額費用や更新費用などがかかってきます。 サーバーの運営会社が同じでも、機能や容量によってプランが分かれている場合が多くあります。 必要ない機能や容量のプランを使っていても、使いきれないで無駄遣いになってしまいますので、 レンタルサーバーを更新する場合には、できるだけ経済的な負担が少なくなるようなプランに見直ししましょう。

信頼できるかどうか?

Macレンタルサーバーを更新する場合には、現在の業者が他の業者よりも信頼できるかどうかがポイントです。

レンタルサーバーをサービスしている業者は多くあるため、どのような業者を選ぶといいか見極めが困難だと思います。そのなかで最も分かりやすいポイントは、信頼できるところかどうかです。 契約している社数やユーザー数などの数値について、レンタルサーバー業者の中には公表しているところがあります。 そのため、このような数値を見極めるための指標の一つとするといいと思います。

また、充実したサポート体制があり、なにかトラブルが発生した場合に対応をすぐに行ってくれるような業者も信頼することができます。 メールのみの対応をしているようなサーバーサービスも中にはあります。 また、電話で対応している場合でも、短い時間だけ平日に対応するだけのようなサーバー提供会社もあるため注意して確認しましょう。同じ料金、同じ容量・機能のレンタルサーバーが他社にあって、サポートが充実しているようであれば、そちらに乗り換えるということも検討されて良いかと思います。

おすすめのレンタルサーバー

エックスサーバー X10プラン

月額費用初期費用容量転送量/日
 1,000円(税抜)〜3,000円(税抜) 200GB 50GB
マルチドメインMySQLサポート稼働率
無制限  50個電話・メール 99.99%以上 

エックスサーバー株式会社のレンタルサーバーです。個人ブロガーに定評があり、私も利用しています。

初期費用3,000円(税抜)、月額の利用料金は1,000円(税抜)〜と若干高めですが、何よりもウェブサイト・ブログの表示速度が速いことと、サーバーが安定していることが魅力です。

WordPressに関しては、かんたんインストール機能がついているので数ステップでWordPressの設定が可能です。MySQLを50個運用可能でマルチドメインにも対応しているので、複数のサイトをWordPressで動かそうと検討されている方にぴったりです。

サポートは24時間。バックアップも標準サポート内。土日もメールで対応してくれる万全の体制も魅力です。私はスピードとマルチドメイン、MySQL複数対応、バックアップも標準プラン内という複数の側面からエックスサーバーを現在利用しています。特に課題なく動いていてとても満足しています。

さくらインターネット/スタンダードプラン

月額費用初期費用容量転送量/日
 515円(税抜)〜1,029円(税抜) 100GB 80GB
マルチドメインMySQLサポート稼働率
20個 20個電話・メール 99.99%以上 

さくらインターネットが提供するレンタルサーバーです。スタンダードプランは必要な機能を一通り揃えた上で月額500円(税抜)の利用料金。とてもリーズナブルでコストパフォーマンスが高いです。

上記でご紹介したエックスサーバーのX10プランより、月額利用料なども違うので、スペック部分ではところどころで見劣りします。ですがそれらはみんな許容範囲内だと思います。

例えば容量は100GBですが、ウェブサイトを一つ運営している程度であれば100GBもあれば問題無し。MySQLも20個までですが、20個サイトを持つ方もそうはいませんから、必要十分は備えていると思います。

2週間の無料体験ができる期間もありますので、試しに使ってみるのも手だと思います。

ロリポップ/ライトプラン

月額費用初期費用容量転送量/日
 250円(税抜)〜1,500円(税抜) 50GB 60GB
マルチドメインMySQLサポート稼働率
50個 1個メール・チャット 99.99%

ロリポップは手軽にウェブサイトやブログをはじめるのにオススメのレンタルサーバーです。

ライトプランは月額250円という手頃な月額利用料ながら、PHPも利用でき、そしてMySQLも1個利用できるため、WordPressを使ったブログ、ウェブサイト運営が可能です。

WordPressの簡単インストール機能もあるため、初めての方でも手間をかけることなくWordPressを使い始めることができます。

「まずは一つのサイトをWordPressで作ってみたい!」という方向きでおすすめです。バックアップは有料です。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク