Surface Laptopのキーボード|キーストローク・キーピッチは?

キーボードマイクロソフトが展開するSurfaceシリーズ。Surfaceといえばこれまで2in1のイメージが強く、その場合キーボードについてはある程度妥協することも視野に入れての選択だったと思います。

しかし、Surface Laptopはクラムシェル型として通常のノートPCと同じ出で立ちで登場。そうなるとキーボードの打ちやすさがどれだけのものか、気になってくると思います。今回はそんなSurface Laptopのキーボードについて、キーボードのキーストロークやキーピッチについて説明します。

スポンサードリンク

キーピッチは19mm・キーストロークは1.5mm

キーボードSurface Laptopのキーボードのキーピッチは19mmでキーストロークは1.5mmです。実際にキーボードで打ってみた感じでは打ちやすい印象です。

Surface LaptopのキーボードってどうしてもSurface Proの脱着式キーボードを想像しがちですが、やっぱり一体になっているこのタイプは見た目こそ似ているものの、まったく異なる使い心地です。

アルカンターラは触ってみてほしい新しい感触

アルカンターラSurface Laptopはキーボードの素材にアルカンターラという素材を採用しています。これは、スエードのような滑らかさがあり心地が良いという反応が大半な一方、プラスチック樹脂やアルミに慣れてしまった手に違和感を感じるという声もあります。

何色であっても素材の感じ方は同じなので、まずは店頭で触ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサードリンク