サイト移行のリダイレクト設定は301で評価を引き継ぐのがおすすめ。その手法について

mac iphoneウェブサイトを運営していると、ビジネスモデルの転換やサービスの状況によって、サイトを移行するタイミングが出てきます。

このようなサイト移行は、往々にして企業にとって重要な案件。ウェブサイト担当者としては、安全に実現したいですよね。

ここでは、そんなサイト移行に関するポイントについてご紹介。サイト移行時のリダイレクト方法を説明します。

スポンサードリンク

301リダイレクトを使ってサイトを移行する

運営していたウェブサイトを恒久的に移行する場合は、301リダイレクトという手法で転送処理を行います。

301リダイレクトでは、検索エンジンに元々のWebサイトが異なるURLに恒久的に移行したことを伝えます。それによって、これまで移行前にサイトが持っていた評価を引き継ぐことができます。

ここからは、具体的な手法について解説します。

301リダイレクトの手法

301リダイレクトの手法には、代表的なものが2つあります。以下で紹介するいずれかを選んでいただいてリダイレクト設定いただくことをオススメします。

.htaccessを利用

301リダイレクトを「.htaccess」を利用して設定します。この手法では、1つの.htaccessファイルで複数のリダイレクトを制御できることがメリットになります。

例えばこれは、Webサイトがある程度のボリュームを持っている時などにメリットを発揮します。.htaccessを使って一括でリダイレクトを設定すれば、工数面での負荷がかかりません。数千ページあるウェブサイトの個々のページにリダイレクトをかけるのは正直現実的ではありません。.htaccessの利用がほぼ不可欠でしょう。

一方、.htaccessの利用には制約があります。それはサーバーの仕様です。.htaccessを使った301リダイレクトは、WebサーバーがApacheで構成され、mod_rewriteモジュールがサポートされている必要があります。そのため、利用しているサーバーの仕様によって.htaccessを使うことができません。 その場合、他のリダイレクト方法を検討する必要が出てきます。

phpを利用

301リダイレクトをphpを使って設定します。 この手法の特徴は、採用できるウェブサイトが多いということです。例えばWordPressを利用したウェブサイトはphpが必須なので、WordPressで作られたページは全て対応ができます。

一方で、phpを使ってリダイレクトを設定する際は、リダイレクトしたいファイルに個別でリダイレクトの記述を書く必要があります。 ページが少ないウェブサイトであればこの仕様であっても移行は手間を取らずに行えそうですが、ページボリュームのあるWebサイトでは非常に手間のかかる作業を覚悟する必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?Webサイト移行のリダイレクト手法、いま運営されているWebサイトのサーバーの仕様やページボリュームに合わせて転送手法を選んでいただければと思います。

スポンサードリンク