iPhone XS/ iOS12でYoutubeをバックグラウンド再生する方法

iPhoneAppleが展開するiPhone XS。5.8インチの大型ディスプレイや顔認証のFace ID、進化したカメラ機能など、機能の進化に注目が集まったiPhoneシリーズのメイン機種です。

さて、今回はそんなiPhone XS/iOS12の使い方について。

現在iPhone XSのYoutubeで再生中に他のアプリを利用すると、再生が停止されてしまいます。では、Youtubeアプリをバックグラウンドにおいても再生するにはどのような操作をすればよいでしょうか?

今回は、iPhone XS/ iOS12でYoutubeをバックグラウンド再生する方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone XS/ iOS12でYoutubeをバックグラウンド再生する方法

iPhone XS/ iOS12でYoutubeをバックグラウンド再生するには以下の操作を行ってください。少し面倒ですが、できればきっと便利です。

Chromeを開く

まずはじめにChromeを開きます。

Chromeを立ち上げる

Youtubeを検索する

GoogleなどでYoutubeを検索します。

Youtubeをブラウザで開く

検索結果画面の「Youtube」を長押しします。

Youtubeを長押しする

Youtubeを新しいタブで開く

「新しいタブで開く」を押し、新しいタブでYoutubeを開きます。この操作を行わないとYoutubeアプリが立ち上がってしまいます。

新しいタブを開く

オプションを開く

以下の赤の矢印でさしたアイコンを押します。

メニューを開く

PCサイトを開く

「PC版サイトをリクエスト」を押して、PCサイトを開きます。

PC版サイトをリクエストする

PC版のYoutubeから好きな曲を再生する

PC版のYoutube画面から好きな曲を選択して再生します。ここで他のアプリに移ると音楽が停止してしまいます。

音楽を再生する

コントロールセンターを表示する

上のステップまで終わったら、どの画面からでも結構ですが、画面の右上を下にスワイプしてコントロールセンターを表示します。

コントロールセンターを開く

音楽を再生する

表示された以下赤枠の音楽エリアで再生ボタンを押して再生します。すると、他のアプリを使ってもバックグラウンド再生されるようになります。

再生する

以上になります。YoutubeにしかないコンテンツもたくさんあるのでYoutubeがバックグラウンド再生できれば非常に嬉しいところ。少し手間はかかりますが、ご利用されたい方は一度こちらの方法でバックグラウンド再生を試してみてください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク